2013年09月23日

Yes "Going For The One" (1977)

Rick Wakeman復帰により実現した名盤

Rick Wakemanが復帰し製作されたYesの名盤です。ギターはSteve Howeで、やはりこの人達が当時のYesサウンドにはなくてはならないメンバーだったと思います。

'Going For The One'はSteve Howeのスライドギターを大きくフィーチャーしたロックンロールナンバーです。ロックンロールとは言っても、乗りはよいのですがYesらしいスケールの大きな楽曲が構築されており、聴き応えのあるナンバーに仕上がっています。

'Parallels'はRick Wakemanのパイプオルガンにより壮大な音場が形成されていますが、Steve Howeの速弾きがすさまじいです。この当時Al Di Meolaも現れ、速弾きが新たな次元に入りつつあり、Steve Howeも負けじと速弾きに磨きをかけたのでしょうか。それまでも超一級のテクニシャンでしたが、このアルバムでは更なる高みを目指す意気込みを感じさせます。

'Wonderous Stories'は小品ですが、この曲の爽やかさが大好きです。Rick Wakemanとの再開をアコースティックギター・シンセサイザ・ベースのアンサンブルで心から喜んでいるようで、感動を覚えます。

おすすめ度:★★★★★

Going for the One
Going for the One



曲目リスト

1. Going For The One
2. Turn Of The Century
3. Parallels
4. Wonderous Stories
5. Awaken
6. Montreux's Theme
7. Vevey (Revisited)
8. Amazing Grace
9. Going For The One
10. Parallels
11. Turn Of The Century
12. Eastern Numbers (Early Version of Awaken)
posted by nakaQ at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | Rock&Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月07日

Scritti Politti "Provision" (1988)

名盤"Cupid & Psyche 85"と対をなす佳作アルバム

Scritti Polittiが名盤"Cupid & Psyche 85"に続いてリリースしたアルバムです。
nakaQも聴いた当初は"Cupid & Psyche 85"の続編のように感じてあまり好きでなかったのですが、今こうして聴きなおしてみるとこの時期の彼らが持っていたキラキラした音色感覚が心地よく、やっぱりこれは無二の作品だと思います。

RogerのRoger TroutmanとMiles Davisの参加が話題になりましたが、Rogerは'Boom! There She Was'や'Sugar and Spice'でトーキングモジュレータで存在感を発揮しています。中性的なGreen Gartsideの声もあり無機的になりがちな(そこがこの頃の彼らの作品の魅力なんですが)楽曲にうまく人間的な効果を与えています。音はシンセサイザなので過度に人間ぽくないのもよいです。

Miles Davisは'Oh Patti (Don't feel sorry for loverboy)'のソロで参加しています。ミュートを付けたフニャっとした音で、ソロ自体もフニャっとしていますが、この曲にはよくマッチしています。Jazzの帝王がHip Hopのアルバムに参加したというのもすごいのですが、この巨匠は最期まで時代を見据えていたということでしょう。
曲としても美しいメロディラインが印象的で、どちらかというとリズム中心に聴いてしまうグループの別の魅力を引き出しています。

'First Boy In This Town (Lovesick)'もとても好きな曲です。この時期の彼ららしいウルトラクリーンな音世界ですがコーラスを含むノリがもろに人間っぽくて、元気いっぱいの作品に仕上がっています。

おすすめ度:★★★★

Provision
Provision

USA
曲目リスト

1. Boom! There She Was
2. Overnite
3. First Boy In This Town (Lovesick)
4. All That We Are
5. Best Thing Ever
6. Oh Patti (Don't Feel Sorry For Loverboy)
7. Bam Salute
8. Sugar And Spice
9. Philosophy Now
10. Oh Patti (Extended)
11. Boom! There She Was (Dub)
posted by nakaQ at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | Rock&Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月12日

Ten "STORMARNING" (2011)

ハードロックの範疇に留まらないメロディアスロック

Gary Hughesのプロジェクトバンド的なTenの9作目スタジオアルバムです。

オープニングナンバー'Endless Symphony'は土着的な太鼓で幕を開けます。ルーツとしてのケルトを感じさせ、ハードロック/へヴィメタルのみのアルバムでないことを予感させます。
続いて輝かしい音色でピアノがイントロメロディを歌い、リリカルに主旋律を奏でます。このあたり、しっとりとしていてnakaQ好み。カスタネットもとてもいい。
この後ディストーションギターがバッキングで入り、いわゆるハードロックな展開になるのですが、Gary Hughesの書くメロディやハーモニーが大変美しく、ギターもうるさく感じません。Tenは一応はハードロックバンドに分類されるのでしょうが、ブリティッシュ特有の叙情性を湛えたサウンドで、ポップな味わいがあります。

タイトルにもなっている'Stormwarning'も同様にハードロック様式に則った叙情ロックです。シンフォニックなシンセサイザと分厚いハーモニーが美しい。この曲では特にドラムスが大活躍し、力強いロールがすばらしいです。終末観を漂わせる(が、お尻が素敵な)ジャケットデザインとよくマッチした佳曲に仕上がっています。

前半はドラマチックな楽曲が並ぶのですが、後半はぐっとポップな印象になります。'The Hourglass And The Landslide'はそんなポップ曲の代表格で、ツインギターの絡みもメロディアスで好きです。

おすすめ度:★★★★★

STORMWARNING
STORMWARNING


曲目リスト

1. Endless Symphony
2. Centre Of My Universe
3. Kingdom Come
4. Book Of Secrets
5. Stormwarning
6. Invisible
7. Love Song
8. The Hourglass And The Landslide
9. Destiny
10. The Wave

posted by nakaQ at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Rock&Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月18日

Lady Gaga "The Fame" (2009)

Lady Gagaのデビュー盤

Lady Gagaのこの作品も発表された当時にもレコード店で視聴したのですが、あまりピンと来ませんでした。ネーミングからしてQueenの'Radio Gaga'を思わせて妙なシャレに感じられましたし(実際名前の由来はこの曲から採ったようですが)アメリカ音楽業界がポップスターを登場させてきたように感じたからです。実際にはLady Gagaは単なるポップスターではなく、才能に溢れたアーティストで、実力はその後の快進撃が証明している通りです。

このアルバムの前半はユーロポップ調のダンス曲になっています。'Let's Dance'はダンスビートはバネが効いてよいものの曲としてはやや類型的なイメージですが、全世界でヒットし未だにLady Gagaの代表曲になっている'Poker Face'はサビのメロディーが素晴らしく傑出した出来栄えです。サビ以外の部分では低音でブツブツとつぶやくラップですが、この曲以外ではあまりラップっぽい曲はなく、この人が基本的にメロディーを重視するタイプの音楽家であることを示しています。

'Eh, Eh (Nothing Else I Can Say)'は打ち込み色の強いダンス曲ですが、開放的で楽しい曲です。

nakaQはどちらかと言うと後半のロック・ポップ調の曲のほうがこの人の持ち味が現れていると思い、好きです。特に'Brown Eyes'とか、中期のThe Beatlesを思わせるメロディなりカッティングギターがとてもよいです。

この人の場合もプロモビデオがいいので、DVD付きの日本盤「デラックス・エディション」をお勧めします。

nakaQ評価:★★★★

ザ・フェイム-デラックス・エディション-(DVD付)
ザ・フェイム-デラックス・エディション-(DVD付)

The Fame - Lady GaGa

ディスク:1

1. ジャスト・ダンス feat.コルビー・オドニス
2. ラヴゲーム
3. パパラッチ
4. ポーカー・フェイス
5. アイ・ライク・イット・ラフ
6. エイ、エイ(ナッシング・エルス・アイ・キャン・セイ)
7. スターストラック feat.スペース・カウボーイ&フロー・ライダー
8. ビューティフル、ダーティー、リッチ
9. ザ・フェイム
10. マニー・ハニー
11. ボーイズ・ボーイズ・ボーイズ
12. ペーパー・ギャングスタ
13. ブラウン・アイズ
14. サマーボーイ
15. ディスコ・ヘヴン (日本盤ボーナス・トラック)
16. アゲイン・アゲイン (日本盤ボーナス・トラック)
17. レトロ・ダンス・フリーク (日本盤ボーナス・トラック)

ディスク:2

1. ジャスト・ダンス feat.コルビー・オドニス (ミュージック・ビデオ)
2. ポーカー・フェイス (ミュージック・ビデオ)
3. エイ、エイ(ナッシング・エルス・アイ・キャン・セイ) (ミュージック・ビデオ)
4. ラヴゲーム (ミュージック・ビデオ)
5. パパラッチ (ミュージック・ビデオ)

Just Dance
Just Dance

Poker Face
Poker Face

Eh Eh (Nothing Else I Can Say)
Eh Eh (Nothing Else I Can Say)
posted by nakaQ at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | Rock&Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月18日

Utopia "Adventures in Utopia" (1990)

AOR風味のUtopia

前作"Oops! Wrong Planet"からポップになっていたUtopiaですが、このアルバムは本当にポップです。曲名にも使われている、当時のNew Waveシーンを意識したものかも知れませんが、New Waveというより70年代のAOR(Adult Oriented Rock)という言葉を思い出させる仕上がりです。

シングルヒットもしたという'Set Me Free'など、ポップさが際立っています。ベースを担当しているKasim Sultonがリードボーカルをとっていますが、コーラスはモノラルっぽいというか一発撮り的な印象で、これ以前のToddプロデュースのアルバムでコーラスをこんな風に音場処理した例はあまり知りません。これも当時のはやりでしょうか。キーボードは70年代AOR風味で、いい感じです。ホーンセクションの起用も、曲にパンチを効かせるのに効果的です。

とっちらかった印象もありますが'Shot in the Dark'もとても好きな曲です。なんだか爆発的なパワーと不思議レトロなメロディが素敵な一風変わった曲に仕上がっています。

キラキラした音色のシンセサイザとコーラスのみで奏でられる'Love Alone'はとてもロマンチックで、綺麗な1曲です。この曲もKasim Sultonがリードボーカルをとっており、コーラスが本当に素晴らしいです。

他にもディスコベースが唸る'Rock Love'とか、前作"Oops! Wrong Planet"での崇高な音世界からするとちょっと「?」な印象はあるものの聴き所は多く、ポップでありながら一級のクオリティを持った作品と思います。

nakaQ評価:★★★★

Utopia "Adventures in Utopia"
Adventures in Utopia

Adventures In Utopia +1 (アドヴェンチャーズ・イン・ユートピア+1) - Utopia

曲目リスト

1. The Road To Utopia
2. You Make Me Crazy
3. Second Nature
4. Set Me Free
5. Caravan
6. Last Of The New Wave Riders
7. Shot In The Dark
8. The Very Last Time
9. Love Alone
10. Rock Love
posted by nakaQ at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Rock&Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月11日

Utopia "Oops! Wrong Planet" (1977)

キリスト教的世界観をコンセプトにしたポップ・プログレ名盤

前作までのUtopiaはとてもプログレっぽかったのですが、この作品からぐっとポップになっています。ポップとは言っても'Trapped'や'Martyr''Marriage of Heaven and Hell'など、キリスト教的世界観がテーマになっており、ポップ・プログレというべき作品と思います。

当時脂の乗り切ったTodd Rundgren, Roger Powell, Kasim Sulton, John Wilcoxのメンバーが作り上げたこの作品は各曲の出来がよく、Rock名盤と呼べるクオリティです。更にToddのギター、Rogerのシンセサイザがとても力強く素晴らしい演奏です。

冒頭'Trapped'はクラシカルなフレーズのシンセサイザのイントロが衝撃的です。Roger大活躍。プログレッシブ・ロック然とした導入から一転ハードなロックになりますが、このあたりの展開も劇的でかっこいいです。リードボーカルはKasimとToddがとっています。Toddの歌声は当然好きなのですが、Kasimの歌声は更に澄んでいて、美声だと思います。

次の'Windows'もRogerがボーカルを担当し大活躍ですが、ソウルっぽい曲進行がとても魅力的で、未来っぽい雰囲気を醸します。Rogerのシンセサイザのソロ、フィルインが鋭く決まり、とてもよい感じです。ところで、'Windows'というと思い出すのはMicrosoftのOSですが、この曲の歌詞には'The web of life connects each of us to the other'というフレーズがあり、今日のWebを示唆する内容になっています。MicrosoftのOSにWindowsという名称を付けることに決めた人(Bill Gates?)に、この曲に触発されたのか尋ねたい気持ちです。さらにRogerに、上のフレーズが今日のWebをイメージしたものか、確認したくも思います。

この作品ではToddがMustangによるハーフトーンを他用していることも大きな特徴です。Johnがボーカルをとる'Crazy Lady Blue'でのソロは特に素晴らしく、クリアなトーンで繊細なフレージングが決まります。'Abandon City'でのソロもハーフトーンのアタックが強くクリアな音色をうまく活用した素晴らしいものです。

他、'The Marriage of Heaven and Hell'でのコーラスが音に変化していくサウンドワークや感動的な'Love is the Answer'など聴き所が多く、nakaQとしてとても好きなアルバムです。

nakaQ評価:★★★★★

Utopia "Oops! Wrong Planet"
Oops Wrong Planet

Oops! Wrong Planet + 1 (悪夢の惑星+1) - Utopia

曲目リスト

1. Trapped
2. Windows
3. Love In Action
4. Crazy Lady Blue
5. Back On The Street
6. The Marriage Of Heaven And Hell
7. The Martyr
8. Abandon City
9. Gangrene
10. My Angel
11. Rape Of The Young
12. Love Is The Answer
posted by nakaQ at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | Rock&Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月18日

Super Furry Animals "Dark Days, Light Years" (2009)

音楽好きのおっさんたちによる極上のポップミュージック

強烈なカバーに惹かれて聴いてみましたが、実にいろいろな要素を兼ね備えたおもしろいバンドだと思いました。

1960年代を思わせるポップや、泥臭いロックがある一方でPrinceを彷彿とさせるファンクチューンがあったり、エレクトロポップな曲があったりします。全般としてはベースの低音がクリアに捉えられた重厚サウンドで、オーディオ的な興味もそそられます。

まずは映像特典になっている'The Best of Neil Diamond'がパーカッションの妙味を含めよい曲と思います。トーキングボックスによるマウスワウで何やらスペーシーな効果を上げているギターもアナクロチックで素敵。

nakaQの聴いた盤はこの曲のプロモビデオが入っているのですが、とてもおっさんたちで、まずこのバンドのメンバーを正しく知る意味でとてもよいのではと思いました。知らずに聴いているととてもイケメンのお兄さん達のバンドと思ってしまう人がいそうです。

いかにもPrince的な導入で始まり、堂々たるへヴィメタルに発展する冒頭の'Crazy Naked Girls'もすごい曲です。叫ぶギターと力強いドラムが圧巻。

'Incovenience'はこのアルバムの中でもとてもRockっぽいかっこいい曲です。

冒頭に書いたように、このアルバムはジャケットのインパクトが大きいのですが、Amazonの画像データベースに2種類登録されていますのでどちらも載せておきます。

nakaQ評価:★★★★

Super Furry Aminals "Dark Days / Light Years"
ダーク・デイズ/ライト・イヤーズ

曲目リスト

1. Crazy Naked Girls.
2. Mt.
3. Moped Eyes.
4. Inaugural Trams.
5. Inconvenience.
6. Cardiff In The Sun.
7. The Very Best Of Neil Diamond.
8. Helium Hearts.
9. White Socks / Flip Flops.
10. Where Do You Wanna Go?
11. Lliwiau Llachar.
12. Pric

Super Furry Animals "Dark Days / Light Years"
Dark Days / Light Years

Dark
posted by nakaQ at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | Rock&Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

Fergie "The Dutchess" (2008)

Fergieの様々な面を見せるソロアルバム

Fergieがソロ・アーティストとしての地位を確立したソロデビュー作です。

The Black Eyed Peasの一方の顔でもあるFergieなので、will.i.amもずいぶんと気合の入った仕事をしています。具体的には、前半はThe Black Eyed Peasと同様のHip Hop路線ですが、後半になるにつれ、(nakaQはおそらくそうなんだと思うのですが、)Fergie本来の歌路線になります。

'Fergalicious'は刺激的なリズムトラックにFergieのコケティッシュな歌声が乗る軽快なナンバーで、プロモビデオの出来栄えといいこのアルバムを代表する曲です。

'London Bridge'も重いリズムに、こちらは少しけだるいFergieの声が乗ります。典型的なHip Hopナンバーで、こちらもFergieのコケティッシュな魅力が全開です。

'Big Girls Don't Cry'や'Finally'はWild Orchidで素晴らしい歌唱力を披露してくれていたFergieの歌が聴けるナンバーですが、特に'Finally'での歌はすばらしいです。nakaQとしてはこんなFergieがもっと聴きたいのですが、The Black Eyed Peasのwill.i.amと並ぶ顔としてこの路線でFergieが脱退してしまったりするとグループとしても困るでしょうから、難しいところでしょう。ともあれ、この作品でのFergieは、Wild Orchidほど歌いこんでおらず、いったんPopアーティストとしてのステータスを確立したといってよいでしょうか。

曲目リストの下に貼った画像リンクはDVD付の完結版で、nakaQもこの盤を購入しました。アルバムからの全プロモビデオが入っていますし、ボーナストラックとしてHeartの'Barracuda'が収録されていて、これもかなり聴き応えがありますので、おすすめします。
あとは、いつも通り、画像をたくさん貼っておきます。

nakaQ評価:★★★★★

Fergie "The Dutchess"
The Dutchess

曲目リスト

1. Fergalicious (Featuring Will.I.Am)
2. Clumsy
3. All That I Got (The Make Up Song) Featuring Will.I.Am
4. London Bridge
5. Pedestal
6. Voodoo Doll
7. Glamorous (Featuring Ludacris)
8. Here I Come
9. Velvet
10. Big Girls Don't Cry
11. Mary Jane Shoes (Featuring Rita Marley & The I-Three'S)
12. Losing My Ground
13. Finally

Fergie - The DutchessFergie "The Dutchess"

Fergie - The Dutchess (Deluxe Edition)Fergie "The Dutchess (Deluxe Edition)"

プリンセス・ファーギー:THE DUTCHESS~完結盤。(DVD付)
プリンセス・ファーギー:THE DUTCHESS~完結盤。(DVD付)

プリンセス・ファーギー:The Dutchess+3~決定盤。(期間限定特別価格)
プリンセス・ファーギー:The Dutchess+3~決定盤。(期間限定特別価格)

Big Girls Don't Cry
Big Girls Don't Cry

London Bridge
London Bridge

Clumsy
Clumsy

Fergalicious, Pt. 1
Fergalicious, Pt. 1


posted by nakaQ at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | Rock&Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月10日

Wild Orchid "Wild Orchid" (1997)

Fergieの原点

いまやThe Black Eyed Peasの紅一点とか、そんな肩書も不要なほどソロアーティストとしても成功を収めたFergieがデビューを飾ったのがこのWild Orchidであり、このデビューアルバムです。

最近のFergieはどちらかというとポップな曲調で、コケットさを全面に出した歌唱が特徴的だと思うのですが、このアルバムは正統派R&Bな作品に仕上がっています。nakaQは初め聴いたときは期待はずれな感じだったのですが、実はとても丁寧に作り込まれた上質の作品です。

ヒットシングルの'At Night I Play'はそんな彼女達の見事なまでの歌唱力が遺憾無く発揮された名曲です。歌い上げるFergieの歌唱が特に印象的です。nakaQの好きな矩形波シンセサイザのリリカルな音色も最高。

'Talk To Me'はずっしりとしたビートが魅力的なナンバーです。このアルバムのよい点としてこの曲のようにリズミックな曲とバラード調の曲のバランスがよいことが挙げられますが、とにかくダンサブルでよい曲と思います。

'My Tambourine'はよりハードエッジなファンクです。nakaQとしてはもう少しビートがタイトなほうが好みなのですが、まあこのくらい緩いほうが歌をじっくり聴かせるこのグループには合っているのかもしれません。

とにかく、「本当の音楽」を聴きたい向きにはとてもよい作品であることに間違いはありません。セクシーでグラマーなイメージで売っているFergieですが、そんな先入観抜きで聴いてみることをお勧めします。

nakaQ評価:★★★★

曲目リスト

1. At Night I Pray
2. Supernatural
3. I Won't Play the Fool
4. Talk to Me
5. River
6. You Don't Own Me
7. My Tambourine
8. Follow Me
9. He's Alright
10. Love Will Wait
11. Life

Wild Orchid
Wild Orchid

Wild Orchid - Wild Orchid
posted by nakaQ at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | Rock&Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月21日

Jethro Tull "Aqualung" (1971)

Jethro Tullの最高傑作

Jethro Tullの最高傑作に挙げられる作品です。
作品としてはやっぱり素晴らしくて、Jethro Tullの持ち味であるフォークっぽさとロックの要素がとてもうまく融合し、どちらかというとロックな印象が勝っている感じです。ただ、この作品でも聴かれるIan Andersonのアコースティックギターはすごく上手で、フォークな曲も大変に魅力的です。

冒頭の'Aqualung'はそんなロックっぽさを代表するような曲で、粘っこいリフがかっこいいです。ギタリストMartin Barreのソロが大活躍するのもとてもよいです。

中盤の'My God'はトータルなこの作品でも中核を為す曲です。途中荘厳なコーラスもフィーチャーされ、宗教的な深みが凄みを感じさせます。

作品後方に収録されている'Wind Up'はこの作品でも別格の曲で、nakaQが購入したのはこのページで紹介している盤と同じ17曲が収録されているものですが、通常バージョンとQuad Versionという別のバージョンが入っています。神に対する疑問を歌い上げる歌ですが、おどろおどろしくはならずにとても美しく、すがすがしい感動を与えます。

nakaQ評価:★★★★★

Jethro Tull "Aqualung"
Aqualung


曲目リスト
1. Aqualung
2. Cross-Eyed Mary
3. Cheap Day Return
4. Mother Goose
5. Wond'ring Aloud
6. Up to Me
7. My God
8. Hymn 43
9. Slipstream
10. Locomotive Breath
11. Wind Up
12. Lick Your Fingers Clean
13. Wind Up [Quad Version]
14. Excerpts from the Ian Anderson Interview
15. Songs for Jeffrey
16. Fat Man
17. Bouree
posted by nakaQ at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | Rock&Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。