2007年12月24日

Evanescence "Fallen" (2004)

ヘヴィな中に美しさを湛えた新世代ゴスアルバム

Evanescenceというと、ボーカルのAmy Leeがゴスの女王とか言われてちょっとキワモノ的なイメージがあります。ある種おどろおどろしい側面はあるものの、美しい歌声と、ロマンティックな楽曲がこの作品をヘヴィではあるが非常に格調高いものに仕上げています。

'Going Under'はオープニングナンバーであると同時に、この作品を特徴づけるヘヴィかつ美しい1曲です。ノイジーなギターのバッキングに混じって奏でられるピアノがリリカルな効果を上げており、Amy Leeのボーカルも凛として素敵です。

'My Immortal'はピアノとストリングスの伴奏により静かに歌われます。この曲などを聴くと、Amy Leeは果たしてヘヴィメタルなバッキングが似合っているのか、実はこんな静寂な演奏で歌うほうがこの人に合っているのではないか、なんて思ってしまいます。魂を洗われるような思いになるのはnakaQだけでしょうか。

'Tourniquet'はヘヴィなディストーションギターと美しいストリングスが印象的な曲ですが、悲痛な叫びを上げるハイトーンのギターがとても効果的です。元祖ゴスともいえるSiouxsie & The Bansheesも多用した種類のギターサウンドですが、この崇高な美しさは気高いBansheesのファンだった方々にもぜひ聴いていただきたいです。

nakaQ評価:★★★★

Fallen
Fallen

曲目リスト

1. Going Under
2. Bring Me To Life
3. Everybody's Fool
4. My Immortal
5. Haunted
6. Tourniquet
7. Imaginary
8. Taking Over
9. Hello
10. My Last Breath
11. Whisper

Evanescence - FallenUSA試聴できます
posted by nakaQ at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Rock&Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。