2007年08月31日

Mahavishnu Orchestra with John McLaughlin "The Inner Mounting Flame" (1971)

John McLaughlin率いるMahavishnu Orchestraの1stアルバム

この作品は、フュージョンというかジャズロックに分類されるのでしょうが、nakaQ的にはJohn McLaughlinのブルース魂に深く感銘を受けました。

メンバーは"Birds Of Fire"と同じ顔ぶれですが、特にJan HammerがMoogに開眼していなかった頃と思われ、おとなしくピアノを弾いているのが印象的です。おとなしくとは言っても十分自己主張はしているのですが、とにかくJohn McLaughlin(g)とJerry Goodman(v)に伍してシンセサイザで叫びまくるJan Hammerは"Birds Of Fire"を待て、といったところで、その分この2人の暴れ具合が痛快な作品に仕上がっています。

冒頭'Meeting of the Spirits'からJohn McLaughlinのギターはテンション全開で、Billy Cobham(d)のパワフルなドラミングもいい感じで暴力的です。Jerry Goodmanのバイオリンもロックしていて素敵です。

ブルースっぽいということでは、'The Dance of Maya'もよいです。アルペジオで始まるイントロはロックっぽくもあるのですが、Jerry Goodmanのソロのあたりから3連ブルースなノリになります。が、実際は変拍子で、それと感じさせずにエモーショナルな演奏を繰り広げるあたり、やはり卓抜なテクニシャン集団と思います。

'A Lotus On Irish Streams'はリリカルなアコースティックな味わいの曲です。シュアなテクニックを誇る人たちですので、さすがに実力が光るというか、ブルースっぽいこの作品にあって一滴の清涼剤のようなみずみずしい曲に仕上がっています。

nakaQ評価:★★★★★

Mahavishnu Orchestra "The Inner Mounting Flame"
The Inner Mounting Flame

曲目リスト

1. Meeting of the Spirits
2. Dawn
3. Noonward Race
4. Lotus on Irish Streams
5. Vital Transformation
6. Dance of Maya
7. You Know You Know
8. Awakening
posted by nakaQ at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | Jazz&Fusion | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。