2007年06月26日

Sigur Ross "Takk..." (2005)

よりナチュラルで、美しい世界が展開されるSigur Rosの傑作

"Ágætis Byrjun"では妖精の胎児だったCDジャケットが、この"Takk..."では普通の少年の姿になっていますが、内容もよりナチュラルでアコースティックな音色が印象的な作品に仕上がっています。

'Glosoli'はこのアルバムでも特に美しいメロディとサウンドを持ち、曲構成的にも徐々にラウドに、感動的に展開する代表曲です。ラウドさを増すサウンドはBowingによるギターが実にうまく使われており、終曲に近づくにつれディストーションを伴って叫びを上げ、最後には単なる歪でしかなくなりますが、しかし美しい。ノイズ的な音響が深い感動を呼ぶ、すばらしい例と思います。

続く'Hoppipolla'はピアノとチャイムの音がとても美しいのですが、リズムが力強くしっかりと刻まれ、ストリングスやホーンも確固とした存在感を示し、曲を形成します。

'Gong'は哀愁を感じさせるメロディにやや深めのエコーで、この作品の中でもダークな曲調を持った曲です。ダークであると同時にロックっぽさも合わせ持った、魅力的なトラックです。

nakaQ評価:★★★★

Sigur Ros "Takk…"
Takk…


曲目リスト

1. Takk
2. Glosoli
3. Hoppipolla
4. Meo Blodnasir
5. Se Lest
6. Saeglopur
7. Milano
8. Gong
9. Andvari
10. Svo Hljott
11. Heysatan

Sigur Ros - Takk...試聴できます
posted by nakaQ at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Rock&Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。