2007年04月15日

Caetano Veloso "Ce" (2006)

装飾なし、骨太な実力がかっこいい大人のロックアルバム

Caetano Velosoも超大物であることは知っていたのですが、フルにアルバムを聞いたのは今回初めてです。共演なら、Nelly Furtadoの"Folklore"の'Island Of Wonder'でも聴いていたのですが。

Caetano Veloso、この作品でデビュー40周年ということで、発表時64歳だそうです。歌声が若々しくて、John Lennonが今も生きていたらこんな感じで若々しい歌声を聞かせてくれるのかな、なんて思ってしまいます。サウンドも、バンド4人のみで一切の贅肉のない、そぎ落としの極みのような渋いサウンドで、今なお現役で音楽しつづける巨人のすばらしい作品と思いました。

冒頭の'Outro'はシングルコイルのギターのリフはロックしていてかっこいいのですが、3拍子で、いわゆるロックとはちょっと違ったノリを醸し出します。まあ、このあたりBossa Novaやら複雑なリズムを生み出したBrasilのミュージシャンの真骨頂かもしれません。ロックだけれど、リズムやらコード進行でBrasilっぽさが出てしまう、というところかと思います。また、Caetano Veloso自身の演奏でしょうか、アコースティックギターもよい感じです。


曲名からしてそのものずばりの'Rocks'はRolling Stonesを思わせるリフの炸裂するかっこいいロックです。この曲でもギターがシングルコイル特有のすっきりとした音を出していてよいです。ソロもすばやいパッセージと、収まりのつかないエンディングで、生っぽく面白いです。

'Odeio'は2拍子でしょうか。全体を通じ、エフェクト感の少ない、シンプルそのものの作品ですが、この曲のギターはループをかけたようなサウンドで一風変わっていますが、とても効果的です。
この曲もアコースティックギターがうまく使われていて、Brasilの人はギターがうまいな、なんて思ってしまいます。

Caetano Veloso自身の長い音楽歴において、この作品がどんな出来に位置するのかnakaQにはよくわかりませんが、とにかく私的にはとても気に入りました。

nakaQ評価:★★★★★

Caetano Veloso "Cê"USA(♪全曲視聴可)
Cê


曲目リスト

1. Outro 別人
2. Minhas Lagrimas 僕の涙
3. Rocks ロックス
4. Deusa Urbana 都会の女神
5. Waly Salomao ヴァリー・サロマォン
6. Nao Me Arrependo 僕は後悔しない
7. Musa Hibrida ハイブリッドのミューズ
8. Odeio 憎悪
9. Homem 男
10. Porque? なぜ?
11. Um Sonho 夢
12. O Heroi 英雄
posted by nakaQ at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | Rock&Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。