2013年09月23日

Yes "Going For The One" (1977)

Rick Wakeman復帰により実現した名盤

Rick Wakemanが復帰し製作されたYesの名盤です。ギターはSteve Howeで、やはりこの人達が当時のYesサウンドにはなくてはならないメンバーだったと思います。

'Going For The One'はSteve Howeのスライドギターを大きくフィーチャーしたロックンロールナンバーです。ロックンロールとは言っても、乗りはよいのですがYesらしいスケールの大きな楽曲が構築されており、聴き応えのあるナンバーに仕上がっています。

'Parallels'はRick Wakemanのパイプオルガンにより壮大な音場が形成されていますが、Steve Howeの速弾きがすさまじいです。この当時Al Di Meolaも現れ、速弾きが新たな次元に入りつつあり、Steve Howeも負けじと速弾きに磨きをかけたのでしょうか。それまでも超一級のテクニシャンでしたが、このアルバムでは更なる高みを目指す意気込みを感じさせます。

'Wonderous Stories'は小品ですが、この曲の爽やかさが大好きです。Rick Wakemanとの再開をアコースティックギター・シンセサイザ・ベースのアンサンブルで心から喜んでいるようで、感動を覚えます。

おすすめ度:★★★★★

Going for the One
Going for the One



曲目リスト

1. Going For The One
2. Turn Of The Century
3. Parallels
4. Wonderous Stories
5. Awaken
6. Montreux's Theme
7. Vevey (Revisited)
8. Amazing Grace
9. Going For The One
10. Parallels
11. Turn Of The Century
12. Eastern Numbers (Early Version of Awaken)
posted by nakaQ at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | Rock&Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。