2007年03月22日

Madonna "Confessions On A Dance Floor" (2005)

タイトルのように、Madonnaがダンスフロアに戻ったという印象の作品です。

Abbaの'Voulez Vous'を大胆に引用した'Hung Up'は大ヒットしましたが、やはりノリのよい楽曲構成はさすがだと思います。'Voulez Vous'もディスコナンバーですが、それを当世風のヨーロピアンディスコテイストにリメイクし見事なダンスナンバーに仕上げています。

続く'Get Together'ではモジュレーションをかけたシンセサイザストリングスによるバッキングが印象的です。この曲ではもっと露骨にエレクトロディスコで、あんまりエレクトロにすると嫌味になったりする場合もあるのですが、この曲の印象はあくまでもポップで、さすがはMadonnaセンスが違うと思ってしまいます。

大ネタ使いと言うことでは、'Issac'でOfra Hazaが"Yemenite Songs"でも取り上げた'Im Nin' Alu'を引用しているのにも驚きました。これもいわゆるイスラエルトラディショナルな香りの漂う曲を素材に、Madonna流のポップを展開していて、見事です。

50歳に近いMadonnaがこんなに新鮮な印象のアルバムをリリースするということは驚異的なのですが、ボーカルの甘酸っぱさは昔と変わらず、耳をくすぐるようなウィスパリングもセクシーで、さすがにポップスの第一線に位置し続けるアーティストと思います。

例によって'Hung Up'シングルの写真も貼っておきます。

nakaQ評価:★★★★

Madonna "Confessions on a Dance Floor"(♪全曲試聴可)
Confessions on a Dance Floor


1. Hung Up
2. Get Together
3. Sorry
4. Future Lovers
5. I Love New York
6. Let It Will Be
7. Forbidden Love
8. Jump
9. How High
10. Isaac
11. Push
12. Like It Or Not

Madonna - Confessions On a Dance FloorUSA試聴できます

Hung Up
Hung Up

posted by nakaQ at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | Rock&Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。