2007年02月22日

The Allman Brothers Band "At Fillmore East" (1971)

数あるRockライブアルバムの中でも最高傑作に挙げられる作品です。

Duane Allmanのスライドギターの名演は同時期に録音されたDerek And The Dominosの"Layla And Other Assorted Love Songs"でも聴くことができますが、とにかくドライブしまくるギターで、すごいです。

1曲目'Statesboro Blues'からDuaneのスライド全開でうれしくなってしまいます。このアルバムは、ジャズの影響を受けた、ソフィスティケイトされた曲も多いのですが、この曲はいかにもアメリカンロックなブルースで、そんな曲調に自由奔放にドライブするスライドがぴったり合って心地よいです。

Duane AllmanとDicky Betts両ギタリストのソロは'In Memories Of Elizabeth Reed'でも大きくフィーチャーされています。Dicky Bettsも優れたギタリストで、フレージングの洗練さやすばやさはなかなかいい、なんて思ったりするのですが、Duaneがソロを弾きだすと有無を言わさぬ迫力に思わず参ってしまいます。やっぱりうまいです。

'Whipping Post'は23分におよぶ超大作です。Duane Allmanのソロが最初のほうにあり、このあたりでテンションが高くなりますので、後半ちょっと静かなパートが多く、再度盛り上がるかと思っているうちに終わってしまい、ちょっと物足りない思いがします。テンションの高いパートがもう少し多いほうがnakaQ的には楽しめたのですが。

nakaQ評価:★★★★

The Allman Brothers Band "At Fillmore East"
At Fillmore East


曲目リスト

ディスク:1

1. Statesboro Blues
2. Done Somebody Wrong
3. Stormy Monday
4. You Don't Love Me

ディスク:2

1. Hot 'Lanta
2. In Memory of Elizabeth Reed
3. Whipping Post

The Allman Brothers Band - Live at the Fillmore East - Statesboro Blues試聴できます
posted by nakaQ at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | Rock&Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。