2007年02月10日

Ce Ce Peniston "Finally" (1992)

Ce Ce Penistonのデビューアルバム"Finally"です。
このアルバムの特徴というか、彼女の持ち味かもしれませんが、「かわいい下品さ」といったものではないかと思います。CDカバーも、下の写真をご覧の通りとてもキュートなのですが、彼女の顔にもBlack特有の力強さが感じられます。音のほうもまさにそんな印象で、かわいいバックトラックに対しCe Ce Penistonの歌声のパワフルさが時にNastyに感じられる場面もあり、それが魅力になっています。

冒頭の'We Got A Love Thang'はアルバムを象徴する曲で、かわいいシンセサイザの音色に始まり、キュートな演奏ながら、Ce Ce Penistonのちょっとパワフルな歌唱が全開すると言うとってもチャーミングな曲です。

'Finally'はこのアルバムに先行して大ヒットしたナンバーで、そのためこのアルバムのタイトルもこれになっていますが、憂いを含んだマイナーなメロディがとても印象的な、よい曲です。

'Lifeline'も渋い雰囲気の曲ですが、ミドルテンポの演奏といい、このアルバムでも特に気に入っているナンバーです。

nakaQ評価:★★★★

Ce Ce Peniston "Finally"(全曲試聴可)
Finally


曲目リスト

1. We Got a Love Thang
2. Finally
3. Inside That I Cried
4. Lifeline
5. It Should Have Been You
6. Keep on Walkin'
7. Crazy Love
8. I See Love
9. You Win, I Win, We Lose
10. Virtue
posted by nakaQ at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Black | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。