2007年01月31日

Jennifer Lopez "On The 6" (1999)

Jennifer Lopezの1stです。

デビュー盤ということで、ある種初々しいのですが、1曲目からnakaQとしてはJenniferの曲で最も好きな'If You Had My Love'が始まるものですから、やはり超強力な作品です。デジタルシンセによると思われるアコースティックギターのアルペジオもJenniferのふわっとした持ち味をうまく引き出していて、とてもよい感じです。適度に哀愁を帯びたメロディラインも最高。

この作品からのシングルヒットというと'Waiting For Tonight'も欠かせません。ヒスパニック系としてダンサブルな曲で持ち味を発揮するJenniferですが、この曲はまさにラテンパーカッシブな曲調で、ぴったりはまっています。Jenniferの歌唱も、キーが彼女の声域にうまく合っており、情熱的な色気を感じさせてよいです。

'No Me Ames'はMark Anthonyとのデュエット曲です。Mark Anthonyというと、すでに大スターだったはずですが、そんな人と堂々と共演するところなど、やはりただの新人ではないことを見せています。Ballad Versionもいいのですが、Tropical Remixも開放的でよい仕上がりです。

nakaQ評価:★★★★

Jennifer Lopez "On the 6"
On the 6


曲目リスト

1. If You Had My Love
2. Should've Never
3. Too Late
4. Feelin' So Good
5. Let's Get Loud
6. Could This Be Love
7. No Me Ames [Tropical Mix]
8. Waiting for Tonight
9. Open Off My Love
10. Promise Me You'll Try
11. It's Not That Serious
12. Talk About Us
13. No Me Ames [Ballad Version]
14. Una Noche Mas
15. Baila [*]
16. Theme from Mahagony (Do You Know Where You're Going To) [*]

Jennifer Lopez - On the 6USA試聴できます
posted by nakaQ at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | Rock&Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。