2006年12月29日

Ultravox "Vienna" (1980)

Ultravoxの代表作"Vienna"です。

サウンド的にはニューウェイブとテクノの中間といった趣で、YMOやKraftwerkほどがちがちのテクノサウンドではなく、生音も結構活躍しています。アメリカのDevoと似たスタンスで、生音にうまくシーケンスを取り入れてグルーブ感を増す使い方をしています。このアルバムから参加しているMidge Ureの声がやや神経質に感じ、DevoのMike Mothersboughを思わせるからなおさらそのように感じるのかもしれません。

冒頭の'Astradyne'は7分を超えるインストゥルメンタル曲です。シンセサイザを中心に構成され、グルーブ感も高く、とても質の高い演奏で、長さを感じさせません。シンセサイザソロも非常に効果的です。

'Sleepwalk'はアップテンポで、いかにもニューウェイブ然とした曲調です。こういう曲ではシンセベースのノリのよさがキモと思いますが、その意味でもこの曲は大変よくできています。シーケンスによるシンセサイザの音色も、ポップでよいです。

'Vienna'はタイトルチューンですが、ゆっくりとしたテンポにSound Effectが乗り、ロマンティックかつドラマチックな曲に仕上がっています。途中、間奏部でテンポアップし、ストリングスパートになるのもよい構成と思います。

nakaQ評価:★★★★

Ultravox "Vienna"
Vienna


曲目リスト

1. Astradyne
2. New Europeans
3. Private Lives
4. Passing Strangers
5. Sleepwalk
6. Mr X
7. Western Promise
8. Vienna
9. All Stood Still

Ultravox - Vienna試聴できます
posted by nakaQ at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Rock&Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。