2006年10月22日

The Beatles "A Hard Day's Night" (1964)

The Beatles主演映画のサウンドトラックとして制作された作品ですが、それに止まらず、初めてLennon & McCartneyのオリジナルで全曲構成されたアルバムでもあります。当時殺人的なスケジュールをこなしていた彼らが、その多忙さに埋もれてしまうことなく、音楽的な進歩を果たしたというのが、ついつい日常の仕事の忙しさにかまけてしまうnakaQからすると本当に驚異的に思えます。というか、彼らがいかに超人的な創造力を持っていたかの証だと思います。また、全体的にJohn Lennon色が強い作品ですので、彼のファンにはたまらない作品ではないでしょうか。

タイトルチューンの'A Hard Day's Night'は冒頭の「ジャーン!」のイントロからして衝撃的ですが、若干憂いを含んだようなメロディラインがとても印象的です。また、中盤で展開されるギターソロのフレーズも、非常にすばやくて、結構テクニックを要求されます。彼らのこの時期の創造力が如実に現れた曲という感じがします。

'And I Love Her'はPaulの幅広い曲作りの才能が現れた曲です。この曲で聴かれるラテン的な曲調は明らかにこれ以前の彼らのロックンロールナンバーとは異質のもので、アコースティックギターのソロはGeorgeでしょうか、非常に丁寧でシュアな演奏がテクニック的にもしっかりしたものを持っていたことを示しています。

'Can't Buy Me Love'はこのアルバム中最も明るく楽しい曲です。曲調はいわゆるロックンロールナンバーですが、印象的なフレーズといい初期の絶頂期にあった彼らの勢いが感じられる名曲です。

nakaQ評価:★★★★

The Beatles "A Hard Day's Night(1964 Film)"
A Hard Day's Night (1964 Film)


曲目リスト

1. Hard Day's Night
2. I Should Have Known Better
3. If I Fell
4. I'm Happy Just to Dance With You
5. And I Love Her
6. Tell Me Why
7. Can't Buy Me Love
8. Any Time at All
9. I'll Cry Instead
10. Things We Said Today
11. When I Get Home
12. You Can't Do That
13. I'll Be Back
posted by nakaQ at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Rock&Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。