2006年10月14日

Weather Report "Mr.Gone" (1978)

Weather Reportが"Heavy Weather"に続いて発表したアルバムです。

ポップな音楽性は前作と同様の傾向ではあるものの、この作品ではJosef Zevinulのワンマンシンサイザオーケストラの方向を推し進め、せっかくのWayne ShorterのSaxophoneやJaco PastoriusのBassが隅に追いやられているように感じる曲があります。作品全体としても、前作ほどのポップさは感じられません。

'The Pursuit Of The Woman With The Feathered Hat'は、Josef Zavinulがこの作品で表現しようとしたシンセサイザオーケストラによる曲の躍動感がもっともよく伝わる曲と思います。原点回帰といった趣のアフリカなメロディやビートが特徴的で、ボーカルもアフリカな印象でとてもよいです。

'River People'の前半部はもっとシンセサイザオーケストラな感じで、単調なビートが続くのですが、この単調さがなぜかFunkな味を醸していて、よいです。中盤以降はもっと普通のWeather Reportらしいバンド演奏になりますが、それでもシンセサイザがやはり大きく活躍しています。

タイトル曲の'Mr.Gone'はビョーキっぽいイントロから始まる、やはりこのアルバムを象徴するような曲です。Bass Runningもシンセサイザに聴こえますが、このゴージャズなジャズバンドグルーブがほとんどシンセサイザばかりで演奏されていることはやはり驚異的です。

nakaQ評価:★★★★

Weather Report "Mr. Gone"(♪全曲試聴可)
Mr. Gone


曲目リスト

1. Pursuit of the Woman With the Feathered Hat
2. River People
3. Young and Fine
4. Elders
5. Mr. Gone
6. Punk Jazz
7. Pinocchio
8. And Then

Weather Report - Mr. GoneUK試聴できます
posted by nakaQ at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Jazz&Fusion | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。