2006年10月09日

Howard Jones "Human's Lib" (1984)

Howard Jonesの1stアルバムです。

やはりこのアルバム、というかこの人は'New Song'だと思うのですが、キャッチーな親しみやすいメロディーにグローバルな感覚を感じさせるバックトラックが心地よいです。なんといっても、リズムトラックの弾け具合とカノンするシンセサイザソロがとってもポップで、永遠の名曲と言ってよいと思います。ワールドミュージックへの視点も感じさせる曲です。

また、冒頭'Conditioning'も効果音を含め楽しい曲です。「条件付け」という、当時顕在化しつつあったハイテック社会に警鐘を鳴らす曲ですが、あまりにYMOなベースとボーカル処理がほほえましく感じます。

'Hide And Seek'もオリエンタルなメロディが登場するワールドミュージック風味な曲ですが、感動的な曲展開でよい曲と思います。このアルバムではどちらかというとオフ気味なHowardのボーカルも、この曲では朗々と歌い上げ、とてもよい味を出していると思います。

nakaQ評価:★★★★

Howard Jones "Human's Lib"
Human's Lib


曲目リスト

1. Conditioning
2. What Is Love?
3. Pearl in the Shell
4. Hide and Seek
5. Hunt the Self
6. New Song
7. Don't Always Look at the Rain
8. Equality
9. Natural
10. Human's Lib
11. China Dance

Howard Jones - Human's LibUSA試聴できます
posted by nakaQ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Rock&Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。