2006年09月27日

"Led Zeppelin" (1969)

Led Zeppelinのデビューアルバムです。1969年に発表されていますが、1970年代のハードロック時代の到来を告げる作品といってよいと思います。

楽曲的にはいわゆるハードロックスタイルの曲、ブルースロックの曲、アコースティックギターをフィーチャーしたフォークロック的な曲と分類できるでしょう。冒頭の'Good Times, Bad Times'はハードロックスタイルの典型的な曲で、メジャーでからっとしたコード進行の曲に、ソロパートだけ強引にブルーススケールのギターが入る、ある種1970年代特有のロック曲といった趣ですが、フェイズシフターを使用したこのソロが今聴いても新鮮な印象です。'Communication Breakdown'も同様のハードロックスタイルの曲で、あまりにTelecasterなキンキン音のソロがアクセントになっています。

'You Shook Me'はJeff Beck Groupも"Truth"で取り上げたブルースロック調の曲です。こちらの演奏はRobert PlantのBlues Harpがいい味を出しています。

特筆すべきは'Baby I'm Gonna Leave You'などで聴かれるフォークロック調の曲で、Jimmy PageがAcoustic Guitarも実にうまいことがよくわかります。彼のAcoustic Guitarの腕前は名曲'Stairway To Heaven'("Led Zeppelin IV"収録)で遺憾なく発揮されるのですが、フォークロックバンドとしての一面がデビューアルバムで如実に現れています。

Rolling Stone誌の"The RS 500 Greatest Albums Of All Time"では29位にランクされています。

nakaQ評価:★★★★

"Led Zeppelin"(♪一部試聴可)
Led Zeppelin


曲目リスト

1. Good times bad times
2. Babe I'm gonna leave you
3. You shook me
4. Dazed and confused
5. Your time is gonna come
6. Black mountain side
7. Communication breakdown
8. I can't quit you baby
9. How many more times

posted by nakaQ at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Rock&Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。