2006年09月16日

Return To Forever "Live The Complete Concert" (1978)

Chick CoreaがReturn To Foreverの集大成として、また70年代の彼の活躍の集大成として発表したライブアルバムです。同時に、70年代に隆盛を極めたFusionの頂点に位置するアルバムといってもよいと思います。タイトル通りに、1977年に彼らがNew YorkのPalladiumで行ったコンサートを完全に収録した作品です。

ホーンセクションを導入したアコースティックな響きをもつビッグバンドに、Chick CoreaのMoogやArp Odysseyのエレクトリック楽器が広がりを加え、実際の人数以上の豊かな表現を聴かせます。Stanley ClarkeのAlembic Bassのソリッドなサウンド、Piccolo Bassのかわいい音色も最高で、これらのインタープレイがまさに眼前で火花を散らします。

このアルバムと同じ編成で録音された"Musicmagic"からの曲が中心になっており、スタジオ盤では各ソロが比較的短く収録されていましたが、このライブでは十分な長さでソロが展開されており、各ミュージシャンのプレイを堪能することができます。

'Endless Night'は"Musicmagic"でも中核を成していた曲ですが、このライブではChick CoreaのMoogが怪鳥のような叫びを上げ、最高のソロを聴かせます。Stanley ClarkeのPiccolo BassもGuitarライクな演奏を展開しますが、終盤Stanleyお得意の超速弾きフレーズが飛び出し、これも最高です。随所で使われるArp Odysseyのシンフォニックな響きもすてきです。

このアルバムは元LP6枚組みでリリースされましたが、LP収録時間の関係で'Endless Night'が途中フェードアウトするミックスになっていました。実はCD化にあたってもこのまま収録されており、若干残念です。

'Spanish Fantasy'は"My Spanish Heart"収録曲ですが、こちらも十分な長さでChickのMoogソロが展開されており、大変すばらしい仕上がりになっています。

Jazz/Fusionファンの方なら絶対に持っていたいアルバムの一つです。

上のCDカバーがCD3枚組みの"Live The Complete Concert"のカバーです。下のカバーはCD2枚組みの"Live"で、'Endless Night'がフェードアウト/インしないミックスになっているのは大変よいのですが、かなり編集され、いくつかの曲がカットされています。nakaQとしては"Live The Complete Concert"のほうをお勧めします。

nakaQ評価:★★★★★

Return To Forever "Live The Complete Concert"
ザ・ライヴ


曲目リスト

Disc 1

1.Opening '77
2.The Endless Night (Part 1)
3.The Endless Night (Part 2)
Introduction of Musicians
4.The Musician

Disc 2

1.Introduction
Hello Again
2.So Long Mickey Mouse
3.Musicmagic (Part 1)
4.Musicmagic (Part 2)
Applause

Disc 3

1.Introduction
Come Rain Or Come Shine
Fine And Dandy
2.Serenade
3.The Moorish Warrior And Spanish Princess
4.Introduction
Chick's Piano Solo
5.Spanish Fantasy
6.On Green Dolphin Street

Return To Forever "Live"USA
Live And Unreleased


曲目リスト

Disc 1

1. Opening '77
2. The Endless Night
3. The Musician
4. Stanley's Introduction
5. Hello Again
6. So Long Mickey Mouse
7. Musicmagic

Disc 2

1. Come Rain Or Come Shine
2. Serenade
3. The Moorish Warrior And Spanish Princess
4. Stanley's Introduction
5. Spanish Fantasy
6. Chick's Closing Introductions
7. On Green Dolphin Street
posted by nakaQ at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Jazz&Fusion | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。