2006年09月10日

Stevie Wonder "Songs In The Key Of Life" (1976)

Stevie Wonderが1976年に発表した、彼の代表作です。nakaQは最高傑作だと思うのですが、必ずしもそのようには紹介されていない場合もあります。が、2枚組みのボリュームといい、収録された曲の多彩さといい、やはり最高傑作と呼ぶにふさわしい風格が漂う作品と思います。

とにかく、当時絶好調のStevie Wonderが溢れ出す創造力のままに曲を作り、アルバムにしたといったイメージで、LP2枚組みに収まらず、LP2枚+シングルという変則的なリリースがされました。下のCDでは、ディスク2の8.以下の4曲がシングル収録曲ですが、CDでは音質の低下を心配することも無く、この名盤を堪能することができます。

Disc 1ではDuke Ellingtonに捧げられた陽気な'Sir Duke'や、ブリブリ言うギター・ベースがごきげんなファンクナンバー'I Wish'、ラテンフレイバー漂う'Pastime Paradise'、映画"Flash Dance"からの大ヒットナンバー'Maniac'で知られるM.Sembelloとの共作'Saturn'などが特におすすめ曲です。

Disc 2では生まれたばかりのStevieの娘を歌い、彼の素晴らしいハーモニカが聴ける'Isn't She Lovely'、アフリカ音楽のフレーバーの'Ngiculela-Es Una Historia-I Am Singing'などが特に好きです。

とにかく全曲すばらしい出来で、またこの頃楽器なり録音技術もほぼ完成の域に達していますので、音質的にも文句ない作品です。全ての人が必ず聴くべき名盤と思います。

Rolling Stone誌の"The RS 500 Greatest Albums Of All Time"では56位にランクされています。

nakaQ評価:★★★★★

Stevie Wonder "Songs in the Key of Life"(ほぼ全曲試聴可)
Songs in the Key of Life


曲目リスト

ディスク:1

1. Love's in need of love today
2. Have a talk with God
3. Village ghetto land
4. Confusion
5. Sir Duke
6. I wish
7. Knocks me off my feet
8. Pastime paradise
9. Summer soft
10. Ordinary pain

ディスク:2

1. Isn't she lovely
2. Joy inside my tears
3. Black man
4. Ngiculela - Es una historia -I am singing
5. If it's magic
6. As
7. Another star
8. Saturn
9. Ebony eyes
10. All day sucker
11. Easy goin' evening (My Mama's call)

Stevie Wonder - Songs in the Key of Life試聴できます
posted by nakaQ at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Black | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。