2006年08月31日

Duran Duran "Rio" (1982)

Duran Duranの代表作"Rio"です。

この作品と"Seven And The Ragged Tiger"が彼らの絶頂期の作品と思うのですが、こちらのほうが突っ走っている段階と言うか、何らの迷いも無くヒットする音楽を作っている潔さが感じられます。"Seven And The Ragged Tiger"はこれより少し本格派志向で、重さを感じます。

タイトル曲の'Rio'はシンセサイザのシーケンスで幕を開けます。John Taylorのベースが良く歌い心地よいですが、核はやはりシンセサイザサウンドといった趣の、軽い浮遊感がすてきな曲です。

'Hungry Like The Wolf'もシンセサイザのピコピコサウンドが魅力的な曲です。Roger Taylorの大げさなLynn Drumもこの時代らしくてよいです。

'Save A Prayer'は東洋的な旋律のシンセサイザソロで始まりますが、サビのメロディが美しく、印象的なバラードです。曲終盤でシンセサイザのシーケンスの音程がぐにゃぐにゃになるアレンジが面白いのですが、儚さも感じさせ、よいと思います。

彼らのトレードマークであった、世界各国を飛び回るプレイボーイ達といったイメージが一番ぴったりくるのがこの作品ではないかと思います。

nakaQ評価:★★★★

Duran Duran "Rio"
Rio


曲目リスト

1. Rio
2. My Own Way
3. Lonely In Your Nightmare
4. Hungry Like The Wolf
5. Hold Back The Rain
6. New Religion
7. Last Chance On The Stairway
8. Save A Prayer
9. The Chauffeur
10. Rio [Video Track] [*]
11. Hungry Like the Wolf [Video Track] [*]
12. Save a Prayer [Video Track] [*]

Duran Duran - Rio試聴できます
posted by nakaQ at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Rock&Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。