2011年09月18日

Lady Gaga "The Fame" (2009)

Lady Gagaのデビュー盤

Lady Gagaのこの作品も発表された当時にもレコード店で視聴したのですが、あまりピンと来ませんでした。ネーミングからしてQueenの'Radio Gaga'を思わせて妙なシャレに感じられましたし(実際名前の由来はこの曲から採ったようですが)アメリカ音楽業界がポップスターを登場させてきたように感じたからです。実際にはLady Gagaは単なるポップスターではなく、才能に溢れたアーティストで、実力はその後の快進撃が証明している通りです。

このアルバムの前半はユーロポップ調のダンス曲になっています。'Let's Dance'はダンスビートはバネが効いてよいものの曲としてはやや類型的なイメージですが、全世界でヒットし未だにLady Gagaの代表曲になっている'Poker Face'はサビのメロディーが素晴らしく傑出した出来栄えです。サビ以外の部分では低音でブツブツとつぶやくラップですが、この曲以外ではあまりラップっぽい曲はなく、この人が基本的にメロディーを重視するタイプの音楽家であることを示しています。

'Eh, Eh (Nothing Else I Can Say)'は打ち込み色の強いダンス曲ですが、開放的で楽しい曲です。

nakaQはどちらかと言うと後半のロック・ポップ調の曲のほうがこの人の持ち味が現れていると思い、好きです。特に'Brown Eyes'とか、中期のThe Beatlesを思わせるメロディなりカッティングギターがとてもよいです。

この人の場合もプロモビデオがいいので、DVD付きの日本盤「デラックス・エディション」をお勧めします。

nakaQ評価:★★★★

ザ・フェイム-デラックス・エディション-(DVD付)
ザ・フェイム-デラックス・エディション-(DVD付)

The Fame - Lady GaGa

ディスク:1

1. ジャスト・ダンス feat.コルビー・オドニス
2. ラヴゲーム
3. パパラッチ
4. ポーカー・フェイス
5. アイ・ライク・イット・ラフ
6. エイ、エイ(ナッシング・エルス・アイ・キャン・セイ)
7. スターストラック feat.スペース・カウボーイ&フロー・ライダー
8. ビューティフル、ダーティー、リッチ
9. ザ・フェイム
10. マニー・ハニー
11. ボーイズ・ボーイズ・ボーイズ
12. ペーパー・ギャングスタ
13. ブラウン・アイズ
14. サマーボーイ
15. ディスコ・ヘヴン (日本盤ボーナス・トラック)
16. アゲイン・アゲイン (日本盤ボーナス・トラック)
17. レトロ・ダンス・フリーク (日本盤ボーナス・トラック)

ディスク:2

1. ジャスト・ダンス feat.コルビー・オドニス (ミュージック・ビデオ)
2. ポーカー・フェイス (ミュージック・ビデオ)
3. エイ、エイ(ナッシング・エルス・アイ・キャン・セイ) (ミュージック・ビデオ)
4. ラヴゲーム (ミュージック・ビデオ)
5. パパラッチ (ミュージック・ビデオ)

Just Dance
Just Dance

Poker Face
Poker Face

Eh Eh (Nothing Else I Can Say)
Eh Eh (Nothing Else I Can Say)
posted by nakaQ at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | Rock&Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。