2006年08月17日

Fleetwood Mac "Rumours" (1977)

Fleetwood Macが最盛期に放った、"Fleetwood Mac"と双璧を成す作品です。

と言っても、大概のレビューではこの作品が彼らの最高傑作として、"Fleetwood Mac"のことには何にも触れられていない場合が多いのですが、nakaQとしては作品のポップさは"Fleetwood Mac"のほうが上だと思います。

作品的には、例えば"Fleetwood Mac"には'Over My Head'のようなポップとしか形容のしようのない、完璧な作品がたくさん見られたのですが、このアルバムにはそのような曲は見当たりません。その代わりに、よりロックしている曲が多く、このあたりが玄人受けする理由かと思います。

'Go Your Own Way'はロックしながらもポップ曲としての完成度も高く、よくできた曲と言えると思います。が、特にStevie Nicksのバックコーラスがあくまでもバックに回っているのが若干不満です。もう少し前面に出てくれていればよかったのですが。この人のバッキングコーラス、甘酸っぱくて大好きなんです。

'Dreams'はStevie Nicksの曲の中でも代表曲になった大ヒット曲で、The Corrs("Talk On Corners"に収録)をはじめ多くのアーティストにカバーされています。彼女のハスキーボイスで歌われますが、凄みが効いているというよりはキュートなボーカルが印象的な曲です。

'You Make Me Loving Fun'はChristine McVieのペンになる曲です。ポップなメロディライン、コーラスが大変美しい曲ですが、堂々とロックする曲調が際立つ仕上がりになっており、アルバム全体の路線に沿っているのがわかります。

Rolling Stone誌の"The RS 500 Greatest Albums Of All Time"では25位にランクされています。

nakaQ評価:★★★★

Fleetwood Mac "Rumours"(♪全曲試聴可)
Rumours


曲目リスト

1. Second Hand News
2. Dreams
3. Never Going Back Again
4. Don't Stop
5. Go Your Own Way
6. Songbird
7. Chain
8. You Make Loving Fun
9. I Don't Want to Know
10. Oh Daddy
11. Gold Dust Woman

Fleetwood Mac - RumoursUSA試聴できます
posted by nakaQ at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | Rock&Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。