2006年08月11日

Frank Zappa "Them Or Us" (1984)

Frank Zappa 1984年の作品です。Zappaにはめずらしくしばらく新作の発表がなかった期間を置いて発表された意欲作ですが、この頃すでにZappaは余命が短いことを知っていたのかもしれません。とにかく、この後の彼の仕事ぶりは尋常でなく、Rykoディスクから初期の代表作を次々にCD化して発表していきました。

Zappaはいろいろな音楽の要素を濃縮して作品に凝縮して見せていましたが、このアルバムも全体を通した印象はポップに仕上げ、それぞれの曲は大変バラエティに富んだものになっています。

1曲目'The Closer You Are'はZappaのルーツとも言えるDoo-Wapもの。1曲目にこの手の曲を持ってくるのはZappaの得意技ではありますが、この曲は特に低音コーラスが冴え、またなごみ度の高い佳曲に仕上がっています。

コーラスの異常さということでは、'Ya Honza'もすごいです。バックトラックはソリッドなロック風なのですが、コーラスが異様。全体に奇妙さも漂うこのアルバムでも一際存在感を誇示する、異様な曲です。

'Be In My Video'もDoo-Wap風味の曲です。この曲はリズムの楽しさといい、とてもポップでnakaQも大好きな曲です。'Sinister Footwear II'のようなフュージョン風味のわけのわからない曲を書く一方でこの曲のようなポップそのものな曲を書く、Zappaの懐の深さを感じさせられます。

'Whippin' Post'はAllman Brothers Bandの名盤"At The Fillmore East"に収められている名曲ですが、Zappaは大真面目でこの名曲をカバーしています。ZappaのギターソロのパートはReggaeになっていますが、緊張しているのか弛緩しているのかよくわからない演奏が多い中で、この曲のソロは気合の入ったすばらしい出来と思います。

かなりの部分でZappaのよくわからないフージョンソロギターが展開されるのがnakaQ的にはちょっとつらい作品ですが、曲のバラエティやポップな曲の徹底的なポップさが楽しい、よい作品と思います。

nakaQ評価:★★★★

Frank Zappa "Them or Us"(♪一部試聴可)
Them or Us


曲目リスト

1. Closer You Are
2. In France
3. Ya Hozna
4. Sharleena
5. Sinister Footwear II
6. Truck Driver Divorce
7. Stevie's Spanking
8. Baby, Take Your Teeth Out
9. Marque-Son's Chicken
10. Planet of My Dreams
11. Be in My Video
12. Them or Us
13. Frogs With Dirty Little Lips
14. Whipping Post
posted by nakaQ at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Rock&Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。