2006年08月03日

Jeff Beck "Jeff Beck Live At B.B. King Blues Club" (2006)

Jeff Beckの最近のLiveです。"Jeff"で展開されたサイバーなロックを踏襲したサウンドに仕上がっています。Beckのギター以外の楽器のソロは極力抑えられ、Beckギターを堪能できるアルバムです。

'Psycho Sam'は性急なメロディラインにせきたてられるように、切迫したギターの迫力が圧巻な曲です。すでに還暦を迎えた人のギターがこんなにワイルドでいいのでしょうか。変に枯れたりしない、攻撃力一杯のギターが素敵です。

'Nadia'はリリカルなメロディラインを持った、インドなパーカッションが楽しい曲です。自由自在に歌うBeckのギターがとてもすてきで、バックのシンセサイザも非常に爽やかです。

'Seasons'は"Jeff"で最も好きな曲ですが、このライブでも好演を披露しています。繊細さではさすがにスタジオ録音が上と思いますが、ライブ演奏でもバイオリン奏法を駆使したり、音色を変えたりとトーンにこだわった演奏を繰り広げています。ヘタっぽい女性ボーカルもスタジオ録音のままで、ご愛嬌。

nakaQ評価:★★★★

Jeff Beck "Jeff Beck Live at B.B. King Blues Club"USA
Jeff Beck: LIve at B.B. King Blues Club


曲目リスト

1. Roy's Toy
2. Psycho Sam
3. Big Block
4. Freeway Jam
5. Brush With The Blues
6. Scatterbrain
7. Goodbye Pork Pie Hat
8. Nadia
9. Savoy
10. Angel (Footsteps)
11. Seasons
12. Where Were You
13. You Never Know
14. A Day In The Life
15. People Get Ready
16. My Thing
posted by nakaQ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Rock&Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。