2006年07月29日

Britney Spears "In The Zone" (2003)

斬新なトラックが並ぶBritney Spearsの作品です。野心的といってもよい、意欲的なポップミュージックに仕上がっています。

nakaQとしては、やはりBritneyの声は普通に聴きたいのですが、このアルバムでのBritneyの声はオフ気味で、デジタル処理されていたりしてあまり好きではありません。

'Me Against The Music'はMadonnaとの共演が話題になりましたが、音的にはNew Jack Swingなノリを持った、ノスタルジックな雰囲気を漂わせた曲です。

'Toxic'はプロモビデオの効果もあり大ヒットしましたが、音的には50年代を思わせるようなトレモロをかけたレトロなギターが活躍する、なんだか懐かしいロックンロールな曲です。レトロなバックトラックに、デジタル処理したBritneyのコーラスが乗る、組み合わせの妙が面白いです。

'Touch Of My Hand'はうねるシンセサイザベースがいかにもエレクトロポップな印象で、音像的には斬新なイメージですが、メロディラインは追憶を誘うようなメランコリックな雰囲気をもった、とても美しい曲です。ささやくようなBritneyのボーカルもよいです。二胡のような音も鳴りますが、中国大陸的な雄大さが素敵です。

アルバムのカバーの下に、シングルのカバーも貼っておきます。

nakaQ評価:★★★

In the Zone
In the Zone


曲目リスト

1. Me Against the Music
2. (I Got That) Boom Boom
3. Showdown
4. Breathe on Me
5. Early Mornin'
6. Toxic
7. Outrageous
8. Touch of My Hand
9. Hook Up
10. Shadow
11. Brave New Girl
12. Everytime
13. Me Against the Music [Rishi Rich's Desi Kulcha Mix] [*]
14. Answer [*]
15. Don't Hang Up [*]

Britney Spears Featuring Madonna - In the Zone試聴できます

Me Against the Music
Me Against the Music


Toxic
Toxic


Everytime
Everytime

posted by nakaQ at 07:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Rock&Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。