2006年07月26日

Prince "Dirty Mind" (1980)

Princeの3枚目のアルバムですが、殿下の輝かしい栄光の80年代の幕開けを告げる、いかにもPrinceな世界の構築に成功した作品と言えると思います。ボーカル的には、特にバッキングボーカルでファルセットでない地声も活用するようになり、より自然にPrinceらしさを表現しています。

全体的に収録時間が短めで、曲の仕上がりもシンプルですが、わざとデモテープっぽくシンプルに作成した、というエピソードを読んだことがあります。"Sign 'O' The Times"もデモテープっぽいですが、とにかく殿下は一人密室作業での作品がやはりよいと思います。

タイトルナンバーの'Dirty Mind'はシンセサイザの輝かしいリフで始まる、ニューウェイブロックンロールな趣の曲です。鞭打つようなパーカッションの音が心地よいナンバーです。

軽めのファンクチューン'Uptown'に続いて、いよいよPrince流ファンクの本領発揮となる'Head'が始まります。この曲は重心の低いベースと、変態的シンセサイザソロをフィーチャーし、ステディなノリをもった粘り腰のファンクです。

'Partyup'も素晴らしいファンクです。こちらはよりドライブ感のあるベースラインと、地声を多用したバッキングコーラスによる、Princeファンクの典型例を示したサウンドに仕上がっています。

このアルバムもカバーの趣味が悪くて敬遠される向きも多いと思いますが、初期Princeの重要作として聴いて損はない作品です。Rolling Stone誌の"The RS 500 Greatest Albums Of All Time"では204位にランクされています。

nakaQ評価:★★★★

Prince "Dirty Mind"(♪全曲試聴可)
Dirty Mind


曲目リスト

1. Dirty Mind
2. When You Were Mine
3. Do It All Night
4. Gotta Broken Heart Again
5. Uptown
6. Head
7. Sister
8. Partyup

プリンス - Dirty MindUSA試聴できます
posted by nakaQ at 23:27| Comment(0) | TrackBack(1) | Black | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

プリンス『Dirty Mind』
Excerpt: Princeの3rdアルバム『Dirty Mind(ダーティ・マインド)』。1980年発表。 プリンス初期の傑作です。全8曲、収録時間は30分強。ポップでファンクな曲を流れ良く、あっという間に聴..
Weblog: ROCK野郎のロックなブログ
Tracked: 2007-03-06 09:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。