2006年07月24日

The Rolling Stones "Beggars Banquet" (1968)

The Rolling Stonesの名盤"Beggars Banquet"です。

The Rolling Stonesの最高傑作というと"Exile On Main ST.""Let It Bleed"が挙げられると思いますが、このアルバムもかなり評価が高い作品です。ライブでも必ず演目に入る'Sympathy For The Devil','Street Fighting Man','Salt On The Earth'の名曲が入っていますので、持っていて損はないです。これら3曲はキャッチーな曲の代表格で、他の曲は粘っこいブルース系ロックンロールですが、この粘っこさがまたいいです。

'Sympathy For The Devil'は「悪魔を憐れむ歌」という邦題がついていますが、そんなにおどろおどろしくはない、非常に爽やかなStones流ロックンロールです。バックコーラスが、ライブでは黒人女性コーラスが起用されたりしますが、ソウルフルな感触も一杯の魅力的な曲です。リードギターの音が極端に硬いのも印象的ですが、メロディラインはよく歌っており、70年代リードギターを先取りしたような素晴らしい演奏です。

'Street Fighting Man'は単純なフレーズで強引に引っ張りに引っ張る、いかにもThe Rolling Stonesなロックンロールです。nakaQ的には、この引っ張る感覚が最もStonesらしいと思うのですが、いかがでしょうか。演奏はインド音楽的な要素もあり、意外に凝っていると思いました。

'Salt On The Earth'はライブではかなり長時間バージョンとして演奏されたりして、そういう意味では"Let It Bleed"の'You Can't Always Get What You Want'と並ぶ感動の名曲という感じですが、メロディラインがやはりとても感動的です。この曲も女性コーラスが起用され、ソウルフルに盛り上がります。

Rolling Stone誌の"The RS 500 Greatest Albums Of All Time"では57位にランクされています。

nakaQ評価:★★★★

The Rolling Stones "Beggars Banquet"(♪全曲試聴可)
Beggars Banquet


曲目リスト

1. Sympathy For The Devil
2. No Expectations
3. Dear Doctor
4. Parachute Woman
5. Jig-Saw Puzzle
6. Street Fighting Man
7. Prodigal Son
8. Stray Cat Blues
9. Factory Girl
10. Salt Of The Earth

The Rolling Stones - Beggars Banquet試聴できます
posted by nakaQ at 23:49| Comment(0) | TrackBack(1) | Rock&Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Rolling Stones x Fatboy Slim
Excerpt: ずいぶん前に出たSympathy for the devil (Fatboy Slim remix)のPVを発見。 音はちょっとNorman Cookらしさに欠け..
Weblog: scrap and build
Tracked: 2006-07-31 12:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。