2006年07月16日

Mandy Moore "So Real" (1999)

Mandy Mooreのデビューアルバムです。とにかく若さを武器にシーンに切り込む、迷いのないポップさが眩しいアルバムに仕上がっています。歌のうまさとかになると、たとえばChristina Aguileraのように大向こうを唸らせるような歌唱ではないのですが、やはり早熟タイプの天才少女、といった趣です。

タイトルナンバーの'So Real'はNew Jack Swing風味な曲で、シュアなベースラインが曲を渋くキープします。Mandyコーラスもかわいく決まりいい感じです。

'Candy'はポップながら粘り腰のリズムを持った曲です。歌詞の内容がよくわからないのですが、ちょっとひねくれた感じのメロディラインが心地よい。ベースが、フロッグボイスなサウンドのシンセサイザと、チョッパーベースを絡めて使用してあり、ステディでファンキーなノリを生み出しています。

'I Like It'もミドルテンポの、腰の据わったビートが心地良い曲です。各楽器・コーラスも過剰にならず、センスよく曲を構成していますが、これらの中ではやはり右チャンネルに定位するストリングスが主要なアクセントになっています。

アルバムのカバーの下に、'Candy'のシングルのカバーを2枚ほど貼っておきます。

nakaQ評価:★★★★

Mandy Moore "So Real"
So Real


曲目リスト

1. So Real
2. Candy
3. What You Want
4. Walk Me Home
5. Lock Me in Your Heart
6. Telephone (Interlude)
7. Quit Breaking My Heart
8. Let Me Be the One
9. Not Too Young
10. Love Shot
11. I Like It
12. Love You for Always
13. Quit Breaking My Heart (Reprise)

Mandy Moore - So Real試聴できます

Candy
Candy


Candy
Candy

posted by nakaQ at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Rock&Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。