2006年07月09日

The Carpenters "A Kind Of Hush" (1976)

前作"Horizon"が、Richardの素晴らしい感性を感じさせるものの、Karenの健康問題やらのうっとうしい話題に合わせたようなうっとうしさを感じさせ、結局セールス的に振るわなかったのを受けての作品です。

アルバムカバーからして、"Horizon"のカバーのうっとうしさとは打って変わってRichardの表情もKarenの笑顔もとてもすばらしくて、ああ、これで彼らは心配なくなったんだ、なんて思ったものでした。Karenは結局この後いくつかの作品を残してこの世を去ってしまうのですが、この作品を製作したころは落ち着いていたんだ、幸せだったんだ、と思いたくなります。

1曲目'A Kind Of Hush'はHerman's Hermitsが1967年にヒットさせた曲のリメイク版ですが、いかにも爽やかなCarpentersサウンドが戻ってきたと感じる、ポップな曲です。が、たとえば"Horizon"収録の'Please Mr.Postman'のような脳天気な雰囲気はなくて、どちらかというと陰影も感じさせるサウンドに仕上がっていて、それがこの曲を更に魅力的にしています。

'I Need To Be In Love'はJohn BettisとRichard Carpenterの筆になる曲です。「青春の輝き」という邦題もぴったりと感じられる、美しいのですがどこかメランコリックな響きを感じさせるメロディラインが素晴らしい名曲です。メランコリックではあるが、"Horizon"の曲のような憂鬱な雰囲気はなく、明るい夕日を思わせる曲です。

nakaQとしては、'Boat To Sail'「愛の小舟」も大好きな曲です。どことなくあても知れず流されていくような浮遊感のあるメロディなり演奏がとても好きです。Karenの若干投げやりっぽく聴こえる歌唱もすばらしい。

The Carpentersとしては人気絶頂期を過ぎた、どことなく一抹の寂しさの漂う作品ではありますが、曲それぞれの魅力はすばらしいと思います。ぜひ再評価されてほしい作品です。

nakaQ評価:★★★★

The Carpenters "A Kind of Hush"(♪全曲試聴可)
A Kind of Hush


曲目リスト

1. There's a Kind of Hush
2. You
3. Sandy
4. Goofus
5. Can't Smile Without You
6. I Need to Be in Love
7. One More Time
8. Boat to Sail
9. I Have You
10. Breaking up Is Hard to Do

Carpenters - A Kind of Hush試聴できます
posted by nakaQ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | Rock&Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。