2006年07月09日

Prince "Lovesexy" (1988)

このアルバムが発表された頃、nakaQはPrinceが食傷気味になっていました。なんだか雑然としたジャケットの"Sign 'O' The Times"、Bootlegとして発表された"The Black Album"と、Princeのキャリアでも最高の作品が立て続けに発表されていましたので、評論家筋からは絶賛の嵐ながらこのカバーには勘弁して欲しいというのが正直なところでした。ですので、nakaQがこのアルバムを聴いたのは一応絶賛騒ぎが収まって、このアルバムがバーゲン価格で売り出されるようになってからです。「安いから買う」という大義名分なしにはこのカバーをレジに持っていく勇気がなかったというのが正直なところです。

上の状況から、このアルバムを初めて聴いたのは"The Black Album"をBootlegで聴いてかなり経ってからなのですが、"The Black Album"と比べてよいとか悪いとかいう感想はほとんど感じませんでした。作風が全く違うというか、比較の対象になる作品ではないという印象でした。この印象は今聴いても変わりません。"The Black Album"が濃いFunkを濃縮したような作品であるのに対し、このアルバムはもっと違った、新しい音楽にチャレンジしたものです。

'Glam Slam'はポップなメロディラインを持った曲です。殿下のギターも良く歌い最高。このアルバムでの新しい方向性が最も成功した1曲と思います。

タイトルナンバーの'Lovesexy'は'1999'以来かと思われるグラマラスなリフが展開されるロックンロールナンバーですが、リズムはもっと複雑化し、Jazzフレーバーも加味され、単純にロックンロールと言えない曲です。ならば何かと言われると、なんと形容することもできません。Princeの鋭い感覚は十分感じられるものの、この「一言で言えない」複雑さがアルバムの評価がいまひとつに止まらざるを得なかった原因と思います。

'I Wish You Heaven'も'Glam Slam'と同様のポップな曲です。この曲も楽器構成もリズムも複雑になりすぎず、シンプルに爽やかに殿下の新境地を表現することに成功しています。

なにより、このアルバムは殿下の変なこだわりにより全曲が1トラックとして収録され、せっかく曲の頭出しが容易なCDの特性が台無しになっていることが大きな減点項目です。殿下としてはこんなことをしても受け入れられるといいう絶対の自信作だったのでしょうが、この奇行が受け入れられるほどの力は作品になかったというのが正直な評価だと思います。

nakaQ評価:★★★★

Prince "Lovesexy"
Lovesexy


曲目リスト

1. Eye No
2. Alphabet St.
3. Glam Slam
4. Anna Stesia
5. Dance On
6. Love Sexy
7. When 2 R in Love
8. I Wish U Heaven
9. Positivity
posted by nakaQ at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | Black | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。