2006年06月27日

Janet Jackson "Rhythm Nation 1814" (1989)

Janet Jacksonの名盤"Rhythm Nation 1814"です。

nakaQはやはりこの頃がJanetのキャリアの頂点だと思うのですが、いかがでしょうか。とにかく自分にぴったり合った、やりたい音楽が明確で、それをJam & Terryがきちっと具現化するという理想のコンビネーションの元に制作された、最高のダンスアルバムという形容が大げさでないと思います。

1曲目の"Rhythm Nation"からして、踊らざるを得ないグルーブ感を持ったバックトラックがあまりに見事です。New Jack Swingなノリは、あまりに一世を風靡したために今となってはちょっと勘弁して欲しい感じもしますが、まあ独立して聴く分には十分強力です。

ポップ命なnakaQには、やはり'Escapade'の軽さはうれしいです。New Jack Swingな曲よりはビートがゆったりめで、大きくうねるグルーブ感を持っています。イントロでも活躍するエコーのかかったグロッケンシュピーゲルの音色が要所要所でアクセント的に使用されます。ふわっとしたJanetコーラスもよい。若い女性がその若さをうまく発散した好例がこの曲であり、このアルバムであるといえるような気がします。

'Love Will Never Do (Without You)'は導入部の極端に低く入るJanetの声が、あれ?と思わせますが、2コーラス目からいつもの1オクターブ上のJanetのかわいいボーカルになり安心します。が、必ずしも安心してはいけないのはこの曲のプロモが白黒ながらとんでもなくセクシーなことです。まあ、この後だんだんと露出度を高めていったJanetですが、導入部の地声的低音がこの人の女を表現しているようで、侮れない、しかし楽しい1曲と思います。

Rolling Stone誌の"The RS 500 Greatest Albums Of All Time"では275位にランクされています。

カバー画像は上段のものが通常のCDカバー、下段はDVD作品"The Rhythm Nation Compilation"とのカップリング盤のカバーです。

nakaQ評価:★★★★

Janet jackson "Rhythm Nation 1814"(♪全曲試聴可)
Rhythm Nation 1814


曲目リスト

1.Interlude: Pledge
2.Rhythm Nation
3.Interlude: T.V.
4.State of the World
5.Interlude: Race
6.Knowledge
7.Interlude: Let's Dance
8.Miss You Much
9.Interlude: Come Back Interlude
10.Love Will Never Do (Without You)
11.Livin' in a World (They Didn't Make)
12.Alright
13.Interlude: Hey Baby
14.Escapade
15.Interlude: No Acid
16.Black Cat
17.Lonely
18.Come Back to Me
19.Someday Is Tonight
20.Interlude: Livin'...In Complete Darkness

Janet Jackson "Rhythm Nation 1814 / Rhythm Nation Compilation (CD/DVD Combo Pack)"(♪全曲試聴可)USA
Rhythm Nation 1814 / Rhythm Nation Compilation (CD/DVD Combo Pack)

posted by nakaQ at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Black | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。