2006年06月22日

Prince & The New Power Generation "Diamonds And Pearls" (1991)

nakaQ、はじめてこのアルバムを聴いた時はショックを受けました。何がショックかと言って、殿下の作品ではじめて「つまらない」と思う作品だったからです。今となってはその後の殿下の、もっと「?」な作品も体験してしまいましたので、まあよく出来た作品かもしれないとも思えるのですが、とにかく当時の落胆度は半端ではありませんでした。

この感想は、特にアルバムに先行して発売された'Gett Off'がなかなか過激でよい出来だったからではないかと思います。別に「過激ミックス」でもない、「アルバムバージョン」でこれだけ過激なのはやはり殿下しかいない、なんてアルバムに対する期待を否が上にも高める素晴らしい作品だったものですから、その他の曲の凡庸さにはがっかりしたものでした。

がっかり曲の代表はタイトルチューンの'Diamonds And Pearls'でしょうか。とにかく殿下にはハードエッジなファンクを期待していたnakaQからすると、正直この静けさはなんなんだ、といった感想でした。この曲も今聴いてみるとなかなかに感動的な展開を見せる佳曲で、おそらく殿下としても新境地を拓いたという意味でアルバムタイトルにしたのでしょうが、当時のnakaQの期待を大きく裏切るものでした。多くの殿下ファンが同様の感想を抱いたのではないかと思います。

そんな中で、やはり名曲だと思うのは'Money Don't Matter 2 Night'です。前作"Graffiti Bridge"あたりから、たとえば'Thieves In The Temple'などの曲で多用されるようになった、Prince節と言うより他ない、FunkでもRockでもない新しい境地の楽曲ですが、独特のメランコリーに貫かれた曲展開が深い感銘を誘います。特筆すべきは多重録音による殿下のコーラスで、複雑なハーモニーがやはりこの人は並みの音楽家ではないことを雄弁に示しています。

nakaQ評価:★★★

Prince & The New Power Generation "Diamonds and Pearls"(♪全曲試聴可)
Diamonds and Pearls


曲目リスト

1. Thunder
2. Daddy Pop
3. Diamonds and Pearls
4. Cream
5. Strollin'
6. Willing and Able
7. Gett Off
8. Walk Don't Walk
9. Jughead
10. Money Don't Matter 2 Night
11. Push
12. Insatiable
13. Live 4 Love

プリンス - Diamonds and PearlsUSA試聴できます
posted by nakaQ at 23:50| Comment(0) | TrackBack(1) | Black | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

プリンス Prince - Diamonds and Pearls
Excerpt: Diamonds and Pearls 新バンド、New Power Genelationを従えて制作された「Diamonds and Pearls」は、今までのアルバムに比べても、かなりポップ..
Weblog: Donkey Punch Blog ドンキーパンチ ブログ
Tracked: 2007-09-20 21:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。