2011年02月21日

Al Di Meola "Land Of The Midnight Sun" (1976)

速弾きと音楽への情熱があふれた初リーダー作

Al Di Meolaの初リーダー作です。初リーダー作として、こんなアルバムが作りたかったという思いがひしひしと伝わってくる出来です。ギターの音色が、ディストーションが軽めでフレージングがクリアに聴こえるのがnakaQ的にはポイント高いです。

中でも冒頭'The Wizard'はAlの凄まじい速弾きが炸裂するかっこいい曲です。マイナーな曲調もラテンロック風味でよいです。"Elegant Gypsy"の'Race With Devil On Spanish Highway'に通じる曲調でいかにもAlらしい曲と思っていましたら、作曲はPercussionのMingo Lewisで、びっくり。この曲ではKeyboardも担当しています。

タイトルナンバーの’Land Of The Midnight Sun’は軽めの曲調にAlの速弾き、Barry Milesのシンセサイザが絡む曲です。このBarry MilesのシンセサイザがJan Hammerばりでとてもよい感じです。

'Suite-Golden Dawn'はファンクベースにラテンパーカッションがからむラテンファンクといった趣の組曲です。この曲は終盤近くになってリズムセクションによるリフ合奏になった後Barry Milesのシンセサイザソロが入るのですが、このソロのフレーズ、音色がかっこよくて好きです。ベースはJaco Pastoriusで、ファンクのうねるグルーブを引き出すナイスプレイです。Alもこんなにかっこいいファンクを書くんだと改めて感心しました。

超速弾ギタリストとしての評価をほしいままにしたAlですが、速く弾くことに飽きたのかそれほど速弾きしていない作品もありますので、とにかく速いAlが聴きたいという方にはこの作品や次のソロアルバム"Elegant Gypsy"をお勧めします。

nakaQ評価:★★★★★

Al Di Meola "Land of the Midnight Sun"
Land of the Midnight Sun

曲目リスト

1. The Wizard
2. Land of the Midnight Sun
3. Sarabande from Violin Sonata in B Minor
4. Love Theme from "Pictures of the Sea"
5. Suite-Golden Dawn
a. Morning Fire
b. Calmer of the Tempests
c. From Ocean to the Clouds
6. Short Tales of the Black Forest
posted by nakaQ at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | Jazz&Fusion | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。