2006年05月29日

"Jeff Beck Group" (1972)

第2期Jeff Beck Groupのもう一つの作品です。前作"Rough And Ready"と比べるとFunkの要素が幾分後退し、AOR/MORといった大人のロックの雰囲気が強い作品です。

'Ice Cream Cake'はメロウな中にも若干ハードな味わいの曲ですが、Beckのギターが鋭い切込みを聞かせます。フレージングはBeck節全開といった感じで、「どうしてこんなフレーズを思いつくのか」と唸ってしまいます。Max MiddletonのFender RhodesもGoodです。

'Tonight I'll Be Stay Here With You'はよりR&B寄りな曲です。Bob Tenchのボーカル、女性コーラスがいかにもBlack Musicな空気を漂わせます。Beckのギターはスライドも使用して、曲調にぴったりはまったソロを聴かせます。スライドギターが多くフィーチャーされているのもこのアルバムの特徴と思います。

'Definitely Maybe'はそんなBeckのスライドギターによるインストゥルメンタルの名曲です。全曲スライドで、何本もオーバーダブされたスライドギターがメロウというより他ない演奏を展開します。後に"Blow By Blow"で花開くインストゥルメンタル路線を先取りしたような曲です。第2期Jeff Beck Groupを解散後、Beck,Bogard & Appiceを結成したが長続きせず、次を考えたBeckがこの曲の路線に戻ることを思ったのは無理もないことと思います。とにかく、この1曲のためにアルバムを購入してもよいと思うような名演です。

nakaQ評価:★★★★

"Jeff Beck Group"(♪全曲試聴可)
Jeff Beck Group


曲目リスト

1. Ice Cream Cakes
2. Glad All Over
3. Tonight I'll Be Staying Here With You
4. Sugar Cane
5. I Can't Give Back the Love I Feel for You
6. Going Down
7. I Got to Have a Song
8. Highways
9. Definitely Maybe

Jeff Beck Group - Jeff Beck GroupUSA試聴できます
posted by nakaQ at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | Rock&Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。