2006年05月19日

The Beatles "Revolver" (1966)

"Sgt.Pepper's Lonely Hearts Club Band"で頂点を極めるThe Beatlesの実験精神とポップ性の共存が最高点に達したアルバムです。'Taxman'や'Yellow Submarine'など、個々の曲のポップさは"Sgt.Pepper's"の曲よりヒット性が高いと思いますが、'A Day In The Life'のような衝撃的な作品は見当たりません。

先に挙げた'Taxman'のGeorgeのギターソロはインド音楽の影響を感じさせますが、'Love You To'などもろにインドに影響を受けた作品が多いのも本作品の特徴と思います。

曲別では'Got To Get Into My Life'が好きです。ジャズっぽいフレイバーを感じさせるブラスセクションがよいのですが、サビはぜんぜん別の曲に聞こえるメロディーで、勢いで曲を持たせている強引さがすごいと思います。

また、'Tommow Never Knows'は驚くほど実験的な曲です。インド音楽的な要素やミュージックコンクレート、テープの逆回転などがごった煮的に展開され、しかし聴いたイメージはポップです。"Sgt.Pepper's"ではこのあたりの実験精神がいったん消化され、いかにも妙に聞こえる処理は影を潜め、ポップなトータルアルバムとして完成されました。

nakaQ評価:★★★★

The Beatles "Revolver" [FROM US] [IMPORT]
Revolver [FROM US] [IMPORT]


曲目リスト

1.Taxman
2.Eleanor Rigby
3.I'm Only Sleeping
4.Love You To
5.Here, There and Everywhere
6.Yellow Submarine
7.She Said, She Said
8.Good Day Sunshine
9.And Your Bird Can Sing
10.For No One
11.Doctor Robert
12.I Want to Tell You
13.Got to Get You into My Life
14.Tomorrow Never Knows
posted by nakaQ at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | Rock&Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。