2006年05月16日

Madonna "Like A Virgin" (1985)

Madonna初期の代表作です。

タイトルナンバーの'Like A Virgin'はやっぱり衝撃的でした。曲名からして人を食っていますし、個性的な節回しも凄いと思います。多くのフォロワーを生んだために今では比較的普通に認知されるようになりましたが、この曲がヒットした頃は「こんな歌い方をする人がいるのか」とかと言う友人がおり、それくらいインパクトがありました。サウンド的にも左右にスプリットしたシンセベースなど、今聴いても斬新なものがあります。

'Material Girl'もおなじみのヒット曲ですが、親しみやすいメロディーと「私は物質的な女」と開き直る潔さが痛快です。この曲もPrince And The Revolution "Around The World In A Day"の'Paisley Park'で使用されたのと同様の超高音の金属音が使用されています。PrinceとMadonnaって、この時期どちらもトレンドセッターでしたし、2人そろって冗談みたいな名前(しかも本名)で、インパクトがありました。

'Shoo-Bee-Doo'も大好きな曲です。他の曲もそうなのですが、Madonnaのこの頃の声は非常に甘酸っぱくてよいです。ある種生真面目な印象もありますが、以後の言動でも非常に保守的なことを言ったりしており、20年近くも第1線で活躍するためにはやはり自分を律する厳しさとストイックな姿勢が必要だったのだろうと思います。

アルバム全体を通して、Nile Rogersプロデュースによるダンスアルバムで、Scritti Polittiの"Cupid & Psyche 85"で確立した音像が立ち現れては消えるHip Hop前夜という印象のサウンドですが、CD黎明期としては珍しかったFull Digital Recordingで、シャキッとした音像が心地よいアルバムです。反面、サウンドがなんだか薄っぺらい印象もあります。

nakaQ評価:★★★★

Madonna "Like a Virgin"(♪一部試聴可)
Like a Virgin


曲目リスト

1.Material Girl
2.Angel
3.Like a Virgin
4.Over and Over
5.Love Don't Live Here Anymore
6.Into the Groove
7.Dress You Up
8.Shoo-Bee-Doo
9.Pretender
10.Stay

Madonna - Like a VirginUSA試聴できます
posted by nakaQ at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | Rock&Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。