2006年05月08日

Return To Forever "Romantic Warrior" (1976)

Return To Foreverの、ロックバンド編成での最後の作品となったアルバムです。

音質はとてもよいです。特にChickが多用しているARP Odysseyはこの後の"Musicmagic"などへの展開を予言するかのようなシンフォニックな響きがあって、よいです。

が、どうも曲がいただけません。アルバムタイトル通りにロマンチックな曲が続き、メンバーも刹那刹那ではすばらしいプレイを聴かせるのですが、どうも音楽としての流れが良くありません。たとえば"Where Have I Known You Before"の'Song To Pharoah Kings'で展開された緻密な計算に基づく圧倒的な説得力はこのアルバムではほとんど感じられず、打ち上げ花火のようなその場限りの盛り上がりになっています。

このアルバムを最後にReturn To Foreverはロックバンド形態をやめ、ビッグバンドに移行するのですが、Chickが見切りをつけた理由がなんとなく伺えます。

そんな中でアルバムタイトルにもなっている'Romantic Warrier'はStanley ClarkeのBowingやAl Di Meolaのミュートをうまく使用したギターソロが素晴らしく、よい出来と思います。

'Duel of the Jester and the Tyrant'でのAl Di Meolaの速弾き、Chick Coreaのソロはすさまじく、とても良い演奏なのですが、曲としての説得力が低いことが減点対象です。もちろん、とても凡庸と呼べるようなレベルではないのですが、この4人ならもっとよいものができたのでは、と思ってしまいます。

nakaQ評価:★★★

Return To Forever "Romantic Warrior"(♪ほぼ全曲試聴可)
Romantic Warrior


曲目リスト

1.Medieval Overture
2.Sorceress
3.Romantic Warrior
4.Majestic Dance
5.Magician
6.Duel of the Jester and the Tyrant (Part I and Part II)

Return to Forever - Romantic WarriorUSA試聴できます
posted by nakaQ at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | Rock&Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。