2010年12月18日

Utopia "Adventures in Utopia" (1990)

AOR風味のUtopia

前作"Oops! Wrong Planet"からポップになっていたUtopiaですが、このアルバムは本当にポップです。曲名にも使われている、当時のNew Waveシーンを意識したものかも知れませんが、New Waveというより70年代のAOR(Adult Oriented Rock)という言葉を思い出させる仕上がりです。

シングルヒットもしたという'Set Me Free'など、ポップさが際立っています。ベースを担当しているKasim Sultonがリードボーカルをとっていますが、コーラスはモノラルっぽいというか一発撮り的な印象で、これ以前のToddプロデュースのアルバムでコーラスをこんな風に音場処理した例はあまり知りません。これも当時のはやりでしょうか。キーボードは70年代AOR風味で、いい感じです。ホーンセクションの起用も、曲にパンチを効かせるのに効果的です。

とっちらかった印象もありますが'Shot in the Dark'もとても好きな曲です。なんだか爆発的なパワーと不思議レトロなメロディが素敵な一風変わった曲に仕上がっています。

キラキラした音色のシンセサイザとコーラスのみで奏でられる'Love Alone'はとてもロマンチックで、綺麗な1曲です。この曲もKasim Sultonがリードボーカルをとっており、コーラスが本当に素晴らしいです。

他にもディスコベースが唸る'Rock Love'とか、前作"Oops! Wrong Planet"での崇高な音世界からするとちょっと「?」な印象はあるものの聴き所は多く、ポップでありながら一級のクオリティを持った作品と思います。

nakaQ評価:★★★★

Utopia "Adventures in Utopia"
Adventures in Utopia

Adventures In Utopia +1 (アドヴェンチャーズ・イン・ユートピア+1) - Utopia

曲目リスト

1. The Road To Utopia
2. You Make Me Crazy
3. Second Nature
4. Set Me Free
5. Caravan
6. Last Of The New Wave Riders
7. Shot In The Dark
8. The Very Last Time
9. Love Alone
10. Rock Love
posted by nakaQ at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Rock&Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。