2006年05月01日

Kiss "Destroyer" (1976)

どちらかというとストレートなロックンロールバンドのKissですが、その中でもスタジオワークに凝り、多彩な音を聴かせているのがこのアルバムです。

凝っているということでは冒頭の'Detroit Rock City'が典型的な例で、自動車整備工場という趣のカチャカチャいう音に続き、彼らの'Rock'n Roll All Night'がラジオから流れたり、バタンと車に乗り込んでエンジンをかける音などで始まります。曲自体も、蠢くようなGene Simmonsのベースや、かっこいいメロディーラインのツインリードなど、凝った要素が一杯で、このアルバムを代表する曲と思います。

また、ヒット曲としては、'Shout It Out Loud'が入っています。「狂気の叫び」という邦題だったと思います。どうもKissの邦題は「地獄の〜」とか、大げさですが、この曲も別に狂気でもなんでもない、とても爽やかなロックンロールです。ロックンロールバンドKissの本領発揮として、ストレートなよい曲です。

'Beth'はこの曲でバラードに開眼したドラマーのPeter Crissがストリングスをバックに情緒豊かに歌い上げます。Kissというバンドからすると異様なメローさですが、このアルバムの後も'Hard Luck Woman'などで路線継続し、バンドの音楽的広がりに貢献しました。

Rolling Stone誌の"The RS 500 Greatest Albums Of All Time"では496位にランクされています。

nakaQ評価:★★★★

Kiss "Destroyer"(♪全曲試聴可)
Destroyer


曲目リスト

1.Detroit Rock City
2.King of the Night Time World
3.God of Thunder
4.Great Expectations
5.Flaming Youth
6.Sweet Pain
7.Shout It Out Loud
8.Beth
9.Do You Love Me

Kiss - Destroyer試聴できます
posted by nakaQ at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | Rock&Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。