2006年04月19日

Pilot "Morin Heights" (1976)

ポップな中にもハードな味わいのあるPilotの名盤"Morin Heights"です。Pilotのメンバーは

David Paton (bass/vocals)
Billy Lyall (synthesizer/piano/flute and vocals)
Stuart Tosh (drums)
Ian Bairnson (guitar)

の4人ですが、David PatonとIan Bairnsonの2人はスタジオミュージシャンとしても活躍し、Kate Bushのデビューアルバム"The Kick Inside"でBassとGuitarを担当しています。

このグループもコーラスがとても美しく、曲によりハイトーンでメタリックな響きを聞かせてくれます。この作品はRoy Thomas Bakerのプロデュースで、ハードでソリッドな仕上がりになっています。

'Canada'はそんなハイトーンコーラスの代表曲です。オーバーダブも少ないシンプルな演奏ですが、ポップで乗りが良く、良い曲と思います。

'Penny In My Pocket'も同様の乗りの良い曲ですが、舞曲風のリズムを感じます。また聴きどころはIan Bairnsonのギターで、速弾きではありませんがとても良く歌っており、結構ハードでもあります。コーラスの爽やかさも素敵です。

'Running Water'は叙情的なメロディラインとピアノが印象的なナンバーです。この曲も分厚いコーラスがよいです。

nakaQ評価:★★★★

Pilot "Morin Heights" USA
Pilot


曲目リスト

1.Hold On
2.Canada
3.First After Me
4.Steps
5.Mover
6.Penny In My Pocket
7.Lies And Lies
8.Running Water
9.Tremblin'
10.Maniac (Come Back)
11.Too Many Hopes
posted by nakaQ at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | Rock&Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。