2006年04月02日

Django Reinhardt "Djangology" (1949)

Django Reinhardtの"Djangology"です。昨年来日した際のインタビューで、Jeff Beckも目標にしていると語っていて、驚きましたが、確かにこの人の境地には誰もたどり着けないのではないかと思います。

Django ReinhardtのギターとStephane Grappellyのバイオリンを中心にしたHot Clob Of Franceというクインテットの演奏です。Stephane Grappellyのバイオリンも良く歌っていてすばらしいのですが、Djangoのギターはまさに心技一体のジャズです。よくもこんなに自由にインプロビゼーションできるものだと思います。

"Djangology"はHot Club Of Franceが1949年の1月から2月にかけてRomeのRupe Tarpeaに出演していたときの58曲の演奏をアマチュアが録音したもので、アルバムにより曲目がいろいろあります。このアルバムはBluebirdから発売されているもので、未発表曲が多数収録されています。オリジナル音源はSP盤のはずで、以前聴いたCDはSP盤特有のプチプチノイズがたくさん乗っていましたが、このCDは不思議なほどクリアな音です。

演奏としては、'Minor Swing','Djangology','Swing 42'がいかにも彼ららしくてよいのですが、'Beyond The Sea (La Mer)','After You've Gone'といった曲もDjangoの神業のようなギターが聴ける名演です。

nakaQ評価:★★★★★

Django Reinhardt "Djangology"(ほぼ全曲試聴可)
Djangology


曲目リスト

1.I Saw Stars
2.After You've Gone
3.Heavy Artillery (Artillerie Lourde)
4.Beyond The Sea (La Mer)
5.Minor Swing
6.Menilmontant
7.Bricktop
8.Swing Guitars
9.All The Things You Are
10.Daphne
11.It's Only A Paper Moon
12.Improvisation On Tchaikovsky's "Pathetique" Andante
13.The World Is Waiting For The Sunrise
14.Djangology
15.Ou Es-Tu, Mon Amour? (Where Are You, My Love?)
16.Marie
17.I Surrender, Dear
18.Hallelujah
19.Swing 42
20.I'll Never Be The Same
21.Honeysuckle Rose
22.Lover Man
23.I Got Rhythm

ジャンゴ・ラインハルト - DjangologyUSA試聴できます

posted by nakaQ at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Jazz&Fusion | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。