2010年07月18日

Super Furry Animals "Dark Days, Light Years" (2009)

音楽好きのおっさんたちによる極上のポップミュージック

強烈なカバーに惹かれて聴いてみましたが、実にいろいろな要素を兼ね備えたおもしろいバンドだと思いました。

1960年代を思わせるポップや、泥臭いロックがある一方でPrinceを彷彿とさせるファンクチューンがあったり、エレクトロポップな曲があったりします。全般としてはベースの低音がクリアに捉えられた重厚サウンドで、オーディオ的な興味もそそられます。

まずは映像特典になっている'The Best of Neil Diamond'がパーカッションの妙味を含めよい曲と思います。トーキングボックスによるマウスワウで何やらスペーシーな効果を上げているギターもアナクロチックで素敵。

nakaQの聴いた盤はこの曲のプロモビデオが入っているのですが、とてもおっさんたちで、まずこのバンドのメンバーを正しく知る意味でとてもよいのではと思いました。知らずに聴いているととてもイケメンのお兄さん達のバンドと思ってしまう人がいそうです。

いかにもPrince的な導入で始まり、堂々たるへヴィメタルに発展する冒頭の'Crazy Naked Girls'もすごい曲です。叫ぶギターと力強いドラムが圧巻。

'Incovenience'はこのアルバムの中でもとてもRockっぽいかっこいい曲です。

冒頭に書いたように、このアルバムはジャケットのインパクトが大きいのですが、Amazonの画像データベースに2種類登録されていますのでどちらも載せておきます。

nakaQ評価:★★★★

Super Furry Aminals "Dark Days / Light Years"
ダーク・デイズ/ライト・イヤーズ

曲目リスト

1. Crazy Naked Girls.
2. Mt.
3. Moped Eyes.
4. Inaugural Trams.
5. Inconvenience.
6. Cardiff In The Sun.
7. The Very Best Of Neil Diamond.
8. Helium Hearts.
9. White Socks / Flip Flops.
10. Where Do You Wanna Go?
11. Lliwiau Llachar.
12. Pric

Super Furry Animals "Dark Days / Light Years"
Dark Days / Light Years

Dark
posted by nakaQ at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | Rock&Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。