2006年03月26日

Paula Abdul "Spellbound" (1991)

Paula Abdulの2nd Album "Spellbound"です。

プロデュースやソングライティングにPeter Lordなる人物が深く関わっています。nakaQはPrinceと思うのですがどうなのでしょうか。

'U'はComposed by Paisley Parkということで正体を現していますが、どちらかというとこの曲はつまらない・・・のですが、殿下が書きそうな曲です。ブルース進行そのままの、よく言えばシンプルなファンクなのですが、あふれんばかりの創造力を誇っていた当時の殿下からすると、なんだかありきたりの曲という感じです。ある意味前衛的な部分もありますが。

それはともかく、このアルバムにはよい曲がたくさんあります。1曲目の'Promise Of The New Day'も、殿下風味な明るい曲です。この曲を聴くとnakaQはなぜかBanglesの'Manic Manday'を思い出すのですが、似ていますか?殿下が女性アーティストに提供する曲のパターンという感じがします。

このアルバムの最大の聴きどころはタイトルチューンの'Spellbound'から'Vibeology'への流れと思います。'Spellbound'も独特のスムースな印象を持ったよい曲なのですが、'Vibeology'の脳天直撃的なファンクは、いかにも殿下という感じがします。バイブレーションというよりグルーブ感がすごい、ダンスチューンの名曲です。

nakaQがこのアルバムで最も好きなのは'To You'です。この曲で聴かれる、オーケストラ的なシンセサイザのイントロや、打ち込みと思われるシンセベースのライン、ごく短い「アッ」というサンプリングボイスによるパーカッション効果と、本当によく出来た曲だと思います。

下は'Vibeology'のシングルカバーです。

nakaQ評価:★★★★★

Paula Abdul "Spellbound"(♪一部試聴可)
Spellbound


曲目リスト

1.The Promise Of A New Day
2.Rock House
3.Rush Rush
4.Spillbound
5.Vibeology
6.U
7.My Foolish Heart
8.Blowing Kisses In The Wind
9.To You
10.Alright Tonight
11.Will You Marry Me

Paula Abdul - Spellbound試聴できます

Vibeology
Vibeology


posted by nakaQ at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | Rock&Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。