2006年03月09日

The Jimi Hendrix Experience "Electric Ladyland" (1968)

Jimi Hendrixの最高傑作

タイトルからして、イギリス盤オリジナルの裸婦写真ジャケットがぴったりのイメージなのですが、Jimiは嫌がっていたという話もあり、現在は今回貼ったジャケットが使用されています。

曲順についても、'And The Gods Made Love'→'Still Raining, Still Dreaming'→'Little Miss Strange'→'Rainy Day,Dream Away'となっているのがオリジナルだと思っていたのですが、今回ブックレットをよく見るとJimi自身はこのCDの曲順を自筆メモしており、これが彼のイメージだったようです。ということは'Voodoo Child(Slight Return)'でなんだか凄まじい余韻を残して突然終わることになり、この曲の作品における位置づけというか、Jimiの中でのこの曲の重要性といったものがくっきりと浮かびあがります。

すごいのは1曲目の'And The Gods Made Love'で、テープ操作による低い声とフェイザーで「神の声」を表現しています。思わずひれ伏したくなるほどの迫力です。このあたり、Jimiが表現するということに鬼のような情熱を持っていたということの現われかと思います。以前のマスターでは'Little Miss Strange','Summer Hot Night','Burning Of The Midnight Lamp'といった曲の音質が大変悪かったのですが、このCDではくっきりとした音質になっており(もちろん年代なりの古さはありますが)鑑賞に耐えるのではと思います。

'Rainy Day,Dream Away'から'Moon,Turn The Tides...Gently,Gently Away'まではLPの一面を使って組曲的な構成になっており、1曲目と同様、レコーディングへのこだわりも感じられます。曲の最後に、1曲目へ連れ戻すシュワシュワ音が入っているのも、このアルバムのコンセプト的な部分を象徴しています。

タイトな'Cross Town Traffic'や、一発直録りの'Come On'、Jimiのギターがしなやかな'Gypsy Eyes'と名曲も多いのですが、nakaQのベストトラックは'Voodoo Chile(Slight Return)'です。この曲は、曲自体もよいのですが、ギターがいつ聴いても嵐のような迫力を感じます。セッション形式の'Voodoo Chile'もいいのですが、スタジオでかちっと仕上げられたこの曲のほうがJimiのテンションの高さが感じられます。もはや神の領域。凄すぎ。

Rolling Stone誌の"The RS 500 Greatest Albums Of All Time"では54位にランクされています。

nakaQ評価:★★★★★

The Jimi Hendrix Experience "Electric Ladyland"(♪全曲試聴可)
Electric Ladyland


曲目リスト

1.... And The Gods Made Love
2.Have You Ever Been (To Electric Ladyland)
3.Crosstown Traffic
4.Voodoo Chile
5.Little Miss Strange
6.Long Hot Summer Night
7.Come On (Let The Good Times Roll)
8.Gypsy Eyes
9.Burning Of The Midnight Lamp
10.Rainy Day, Dream Away
11.1983 ... (A Merman I Should Turn To Be)
12.Moon, Turn The Tides ... Gently Gently Away
13.Still Raining, Still Dreaming
14.House Burning Down
15.All Along The Watchtower
16.Voodoo Child (Slight Return)

Jimi Hendrix Experience - Electric Ladyland試聴できます
posted by nakaQ at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | Rock&Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。