2006年02月28日

"The Beatles"(The White Album) (1968)

The Beatlesオリジナルアルバムでは唯一の2枚組み、通称"The White Album"です。

このアルバムは1曲目の'Back In The U.S.S.R.'をはじめ、'Ob-La-Di,Ob-La-Da','While My Guitar Gently Weeps','Birthday'など、ヒット曲がたくさん収録されています。が、このアルバムを特徴づけるのは、「騒々しさ」ではないかと思います。

特に騒々しいのは2枚組みLPのDisc 2 Side Aの、'Everybody's Got Something To Hide Except Me And My Monkey'や'Helter Skelter'といった曲でしょう。特に'Helter Skelter'はマンソン事件を引き起こしたといわれるほど物騒な雰囲気のけたたましい曲ですが、この曲をもってThe Beatlesをヘヴィ・メタルの元祖という人もいるようです。nakaQはちょっと違うと思いますが。とにかく、いろいろな面で時代を超えていた彼らが、「ロック的な表現」を推し進めたところ、ハードロックに極めて近い音楽を作ってしまったというのは非常に興味深いと思います。

けたたましい音楽もいいのですが、nakaQはこのアルバムでは'Blackbird','Rocky Raccoon','Martha,My Dear'といったPaulの曲の叙情性が大好きです。どれも素朴な味わいなのですが、曲として非常に魅力が高い。このアルバムが4人のソロ曲の寄せ集めといった趣なのも、Paulの魅力を際立たせているように思います。

また、'While My Guitar Gently Weeps','Piggies'や'Savoy Truffle'といった、Georgeの曲も大好きです。The BeatlesといえばLennon-McCartneyだと思うのですが、この2人の曲とは違った輝きを放っています。後に"Abbey Road"で'Here Comes The Sun'や'Something'などの名曲を送り出す彼の、途中経過的ではありますが、大変魅力的な作品と言えると思います。

nakaQがこのアルバムでベストトラックを選ぶとすれば'Ob-La-Di,Ob-La-Da'になります。この曲はThe Beatlesで最もくだらない曲などにも選ばれているようで、おそらく歌詞はばかばかしいのだと思いますが、ショートディレイによるボーカルの左右の定位や、はじめてレゲエをポップ音楽に取り入れるなど、実験的要素は見逃せないものがあると思います。効果音も大変クリアに入っているので、とても楽しい仕上がりになっています。

いずれにせよ、"Sgt.Pepper's..."とは違った意味で、永遠に輝きを保つアルバムと思います。Rolling Stone誌の"The RS Greatest 500 Albums Of All Time"では10位にランクされています。

nakaQ評価:★★★★★

"The Beatles" (The White Album)
The Beatles (The White Album)


曲目リスト

Disc 1

1.Back in the U.S.S.R.
2.Dear Prudence
3.Glass Onion
4.Ob-La-Di, Ob-La-Da
5.Wild Honey Pie
6.Continuing Story of Bungalow Bill
7.While My Guitar Gently Weeps
8.Happiness Is a Warm Gun
9.Martha My Dear
10.I'm So Tired
11.Blackbird
12.Piggies
13.Rocky Raccoon
14.Don't Pass Me By
15.Why Don't We Do It in the Road?
16.I Will
17.Julia

Disc 2

1.Birthday
2.Yer Blues
3.Mother Nature's Son
4.Everybody's Got Something To Hide Except Me And My Monkey
5.Sexy Sadie
6.Helter Skelter
7.Long, Long, Long
8.Revolution 1
9.Honey Pie
10.Savoy Truffle
11.Cry Baby Cry
12.Revolution 9
13.Good Night
posted by nakaQ at 21:30| Comment(2) | TrackBack(1) | Rock&Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとう御座いました。
The White Albumは最高!
私も一番好きかな?と思ってます。
又、よろしくお願いします。
Posted by Johennes(ヨハネ) at 2006年03月04日 12:45
Johennes(ヨハネ)さん、はじめまして。
こちらこそ、TBありがとうございました。
"The White Album"製作の頃が、やはりThe Beatlesとして最高だったんだろうな、と思います。
これからもよろしくお願いします。
Posted by nakaQ at 2006年03月04日 16:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

Epiphone Casino 《BEATLES/John Lennon・Guitar編(1)》
Excerpt:             PAPERBACK WRITER/RAINのシングル。このカップリングは衝撃だったんだろうなぁ! プロモも良かった。                           ..
Weblog: goo goo g'joobな散文日記
Tracked: 2006-03-04 02:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。