2006年02月26日

Return To Forever "Where Have I Known You Before" (1974)

1974年の作品ですので、Mahavishnu Orchestraの"Birds Of Fire"やJeff Beckの"Blow By Blow"とほぼ同時期の作品です。

Return To ForeverはリーダーがChick Corea、ベーシストがStanley Clarkであるというのは不変ですが、初期のブラジル音楽っぽい編成から本作のロックバンド的な編成を経て、"Music Magic"の頃はビッグバンド風になったりといろいろに変化しています。このアルバムはReturn To Foreverの中でも最もロック色の濃い時期のものです。

1曲目の'Vulcan Worlds'は陳腐なチャイムに始まり、「何だこれは」と思いますが、その後の展開は実にロック的で、Chick Coreaのシンセサイザ、Al Di Meolaのギター、Stanley Clarkのベースがそれぞれにソロをとります。Mahavishnu Orchestraみたいなインタープレイではありませんが、Stanleyのベースがバックに回った時も暴れているのが面白いです。

Alのギターということでは、6曲目の'Earth Juice'は曲のテンポがゆっくりしていますので、あまり早弾きではありませんが、溜めの効いたプレイという趣で、味のあるギターを聞かせてくれます。バッキングギターもいい。Al Di Meolaって早弾きで有名ですが、バッキングが実にうまいです。

このアルバムのハイライトはなんといっても14分に及ぶ大曲の、8曲目'Song To The Pharoah Kings'でしょう。時代を感じさせる音色のChickのシンセサイザソロに始まり、Chickのキーボードいっぱいという感じの後、Stanleyがベースソロをとり、いったん静かになってからChickのエレピに導かれてAlのギターが入るのですが、ここでのソロがなんといってもかっこいい!早弾きも冴え渡り、何度聴いても好きです。全員ぴったりと息が合って音の塊になる瞬間もすごい。この曲のような組曲は、やはりChickの作曲能力の高さが光っています。

nakaQ評価:★★★★

Return To Forever "Where Have I Known You Before"(♪全曲試聴可)
Where Have I Known You Before


曲目リスト

1.Vulcan Worlds
2.Where Have I Known You Before?
3.Shadow of Lo
4.Where Have I Danced With You Before
5.Beyond the Seventh Galaxy
6.Earth Juice
7.Where Have I Known You Before?
8.Song to the Pharoah Kings
posted by nakaQ at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | Jazz&Fusion | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。