2006年02月26日

Mahavishnu Orchestra "Birds Of Fire" (1973)

このアルバムもnakaQが学生の頃よく聴きこんだものです。

やっぱり、この頃のJan Hammerは最高!ですね。nakaQが特に好きなのは3曲目の'Celestial Terrestrial Commuters'ですが、変拍子(11/16拍子?)に乗ってJan HammerのMini Moogがまさに天上と地上を行き来する軽やかさで鳴きます。もちろん、John McLaughlinのギターとJerry Goodmanのバイオリンの掛け合いも最高。Billy Cobhamのドラムも、このややこしい変拍子を、豪華なおかずを入れながら正確無比なビートで叩き出すのですから、もうお手上げです。

また、2曲目の'Miles Beyond'もnakaQはすごく好きです。この曲ではJan Hammerはクールにエレピでイントロを奏で、この後ドラム、ギター、ベースが一体となって盛り上げた後、John McLaughlinのギターが叩きつけるようなすさまじいギターソロを展開します。今もってわからないのですが、この人のこのころのスケーリングはなんというのでしょうか?ブルーススケールっぽいような気もするのですが、普通にブルーススケールでプレーするより怒っているというか、よくもこんなフレーズが飛び出すものだと感心します。

John MaLaughlinは非常に端正なギターを弾く人なんですが、この頃の彼はなんだか神がかっていてすごい!です。Mahavishnuの名前は伊達じゃないです。

nakaQ評価:★★★★★

Mahavishnu Orchestra "Birds of Fire"(♪全曲試聴可)
Birds of Fire


曲目リスト

1.Birds of Fire
2.Miles Beyond
3.Celestial Terrestrial Commuters
4.Sapphire Bullets of Pure Love
5.Thousand Island Park
6.Hope
7.One Word
8.Sanctuary
9.Open Country Joy
10.Resolution

Mahavishnu Orchestra - Birds of FireUSA試聴できます
posted by nakaQ at 07:28| Comment(0) | TrackBack(0) | Jazz&Fusion | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。