2006年02月25日

The Rolling Stones "Let It Bleed" (1969)

The Rolling Stonesの初期の代表作、"Let It Bleed"です。

冒頭の'Gimme Shelter'は何かやばい状況になりつつあるので、隠れ家を探している歌です。この作品が発表された1960年代末というのはベトナム戦争もあり、こんな雰囲気だったのでしょう。曲は非常にロックっぽい演奏になっており、女性ボーカルの起用もあいまってパワフルな印象です。このアルバムでは'Midnight Rambler'や'Live With Me','Monkey Man'がこのタイプの曲です。

Robert Johnsonの'Love In Vain'は、初めて聴いたときは「これは何だ」と思いました。Mickの歌もひどく音程を外しているように感じましたし、そもそも音楽なのかもわからない、といった印象でした。Robert Johnsonのオリジナルも聴いた今では、本当に原曲への愛情に溢れ、丁寧に美しくカバーした曲であると思います。ブルースへの愛情と言うのは、このバンドの最大のキーワードですが、このアルバムはこの愛情がとてもよく現れた作品と思います。

nakaQがこのアルバムで最も好きなのは'You Can't Always Get What You Want'です。冒頭の混声コーラスはやめてほしかったですが、曲途中でも盛り上げに使用されているのでまあよしとしましょう。むしろパワフルな演奏と女性ボーカルで一気に突き進む乗りが大変いい感じの曲です。「欲しいものがいつも手に入るとはかぎらないが、まあやってみろよ」というちょっと斜に構えたメッセージが彼らっぽくてすてきです。曲のスケールの大きさから、The Beatlesの'Hey,Jude'を思い出すのですが、ひたすらに「彼女ともういちどがんばれ」と励ますのとはスタンスが違っており、そのままこの2大グループのキャラクターの違いとも受け止めることができ、面白いです。

Rolling Stone誌の"The RS Greatest 500 Albums Of All Time"では32位にランクされています。

nakaQ評価:★★★★

The Rolling Stones "Let It Bleed"(Hybr)(ほぼ全曲試聴可)
Let It Bleed (Hybr)


曲目リスト

1.Gimme Shelter
2.Love In Vain
3.Country Honk
4.Live With Me
5.Let It Bleed
6.Midnight Rambler
7.You Got The Silver
8.Monkey Man
9.You Can't Always Get What You Want

Let It Bleed
posted by nakaQ at 17:46| Comment(0) | TrackBack(2) | Rock&Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

#78 38年目
Excerpt: Let It BleedThe Rolling Stones Londonこの商品の詳細を見る これから、一気に語ろうと思う。 どこか、地の底から聞こえてくるような"Gimme Shelte..
Weblog: てんらくブログ
Tracked: 2006-12-08 19:43

Let It Bleed/THE ROLLING STONES (ザ・ローリング・ストーンズ)
Excerpt: Let It BleedTHE ROLLING STONES [ジャケットの写真をクリックするとリンク先のAmazonで試聴できます。] [試聴]iTunes Music Store  『Begg..
Weblog: OOH LA LA - my favorite songs
Tracked: 2007-01-25 15:48
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。