2006年02月06日

Kate Bush "The Dreaming" (1982)

これは怖いアルバムです。もし、これまで聴いたことがなくて、聴いてみようか、と思っておられる方は注意してください。

当時、特にBritish Rock界で、「死のイメージ」の音楽が流行っていました。Public Image Ltd.の"Flowers Of Romance"は1981年にリリースされていますし、Siouxsie and the Bansheesの"A Kiss In The Dreamhouse"は1982年の作品で、同時期の作品です。

曲としては、たとえば'Suspend In Gaffa'や'Houdini'など、楽しい曲や美しい曲もあります。

しかし、このアルバムの全体を貫くのは冒頭の'Sat In Your Lap'の激しさや、'Pull Out The Pin','The Dreaming'に代表される恐ろしい心象世界です。この当時、Kateの精神状態がかなりやばかったという話にある種の信憑性も感じられるのですが、Kateがキ印になっていたというのではなくて、Celt英雄譚や妖精譚を、彼女なりのリアリズムで表現したかったのではないのでしょうか。それが、Kateとして、アイルランド人の血を引く自身のアイデンティティに忠実であることだったように思えます。

このアルバムでおもしろいのは、それまでの作品ではあまり見られなかったCelt舞踏の影響(というか、そのまんま)を感じさせる曲が入っていることで、たとえば'Suspended In Gaffa'や'Night Of The Swallow'に端的に現れています。James Cameronが"Titanic"でも多く引用した、独特の舞踏音楽です。このあたりの、Kateの舞踏的な特徴は"Hounds Of Love"などの後の作品にも引き継がれていくことになります。

というわけで、決して万人受けする作品ではありませんが、サウンドのダイナミズムといい、テンションの高さといい、Rock史上に残る最重要作品の一つとnakaQは思います。

nakaQ評価:★★★★★

Kate Bush "The Dreaming"(♪一部試聴可)
The Dreaming


曲目リスト

1.Sat in Your Lap
2.There Goes a Tenner
3.Pull Out the Pin
4.Suspended in Gaffa
5.Leave It Open
6.Dreaming
7.Night of the Swallow
8.All the Love
9.Houdini
10.Get Out of My House

Kate Bush - The DreamingUK試聴できます
posted by nakaQ at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Rock&Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。