2006年02月05日

Public Enemy "It Takes A Nation Of Millions To Hold Us Back" (1988)

いろいろなアーティストがThe Beatlesの"Sgt.Pepper's Lonely Hearts Club Band"的なアルバムを発表していたりしますが、ラップではPublic Enemyのこのアルバムが"Sgt.Pepper's..."と言えるのではないかと思います。Rolling Stone誌が2004年に発表した"The RS 500 Albums"でも、48位にランクされ、ラップアルバムとして堂々のトップランキングです。

このアルバムは冒頭のサイレンの音と、Armageddon!の叫び声がなんとも言えずやばい雰囲気を醸し出しますが、このあたりは"Sgt.Pepper's..."に近いつかみで、一気にリスナをアルバムの世界に引きずり込みます。続く2曲目'Bring The Noise'の真っ黒なファンキーさでノックアウト。Chuck D.のラップ、Terminator XのScratching、ループ音、ホーンセクションが、決して過剰になることなく、クールに、しかし熱く幕開けを飾ります。

'Theminator X To The Edge Of Panic'も好きなトラックです。この頃のPublic Enemyに特徴的な笛のような音と、Terminator XによるScratchingがご機嫌です。'She Watch Channel Zero?!'も、Heavy Metalなサウンドと"She Watch"の声のループが最高です。

ライブ録音を随所に配しているのも、このアルバムの印象を"Sgt.Pepper's..."的に感じさせる要素かもしれません。nakaQはメロディのきれいな曲が好きなのでラップはあまり聴かないのですが、Public Enemyのこのアルバムはちょっと別格で、やっぱりとんでもなくかっこいいアルバムだと思います。歌詞はよくわからないのですが、サウンドから志の高さを感じます。

nakaQ評価:★★★★

Public Enemy "It Takes a Nation of Millions to Hold Us Back"(♪全曲試聴可)
It Takes a Nation of Millions to Hold Us Back


曲目リスト

1.Countdown to Armageddon
2.Bring the Noise
3.Don't Believe the Hype
4.Cold Lampin' With Flavor
5.Terminator X to the Edge of Panic
6.Mind Terrorist
7.Louder Than a Bomb
8.Caught, Can We Get a Witness?
9.Show 'Em Whatcha Got
10.She Watch Channel Zero?!
11.Night of the Living Baseheads
12.Black Steel in the Hour of Chaos
13.Security of the First World
14.Rebel Without a Pause
15.Prophets of Rage
16.Party for Your Right to Fight

Public Enemy - It Takes a Nation of Millions to Hold Us Back試聴できます
posted by nakaQ at 21:06| Comment(0) | TrackBack(1) | Black | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

don't believe the hype!
Excerpt:  don't believe the hype!  PEのFlavor Flavがおどけた声で放つこの言葉。  この言葉が、戦後の日本でかつてないほど重要になってきています。  hypeは政府広報とか..
Weblog: f t v 部炉具 -言葉の装い- 
Tracked: 2006-05-13 03:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。