2006年02月05日

Frankie Goes To Hollywood "Welcome To The Pleasure Dome" (1984)

nakaQにとってこれぞ80年代!なアルバム、Frankie Goes To Hollywoodの"Welcome To The Pleasuredome"です。

言わずと知れたZTTレーベルの超大ヒットアルバムであり、最も売れたバンドです。白いジャケットのものは通常のCD、黒いジャケットのものはDVD付きの特別仕様盤で、Amazon.comに登録されています。以下の記事は特別仕様盤の内容を主に書いています。

CDのほうは基本的にLPと同じミックスで、'Two Tribes'も妙にもったいぶった'(For The Victims Of Ravishment)'のミックスではなく、勢いで突っ走るミックスです。nakaQはやっぱりこのミックスが好きですね。もちろん、オーケストラをバックに学者ぶった声でOrgasmがどうのこうの、と講釈を垂れる'(Tag)'も入っています。

'The World Is My Oyster'〜'Welcome To The Pleasuredome'はLPではDisc 1のSide A全部を使う大曲で、Yesの'Close To The Edge'に通じる自然との共感を感じます。ただし、このアルバムはLP2枚組みでしたので、Welcome!ということで幕開けの曲になっていますが。

大ヒット曲'Relax'は凄みの効いた、いけいけのディスコビートが圧倒的な迫力の名曲です。彼らが売りにしていた、Gay Movement風味がかっこいいです。続く'War'も圧倒的迫力で、この曲もGay風味ぷんぷんです。

これらと対照的に、LPではDisc 2にあたる'Fury'以降が妙に力の抜けるBurt Bacharachの'San Jose'とかが入っているのですが、このあたりもアルバムが重くなりすぎるのを緩和しています。LPを買ったときは非常に不満に思いましたが。

DVDは'Welcome To The Pleasuredome','Relax','Two Tribes','The Power Of Love'と、このアルバムのヒット曲を網羅した内容です。'Relax'のプロモは、普通はレーザー光線の中で歌っているバージョンと思うのですが、このDVDは別のバージョンです。リージョンコードは、ジャケット裏に'NTSC for all regions'と明記してあります。

nakaQ評価:★★★★★

Frankie Goes To Hollywood "Welcome to the Pleasuredome"
Welcome to the Pleasuredome


曲目リスト

Disc 1(CD)

1. The World Is My Oyster
2. Welcome To The Pleasure Dome
3. Relax
4. War
5. Two Tribes
6. (Tag)
7. Fury
8. Born To Run
9. San Jose
10. Wish The Lads Were Here
11. Ballad of '32
12. Krisco Kisses
13. Black Night White Light
14. Only Star in Heaven
15. Power Of Love
16. Bang...
17. One September Monday
18. One February Friday

Disc 2(DVD)

1. Welcome To The Pleasure Dome
2. Relax
3. Two Tribes
4. The Power Of Love

Frankie Goes to Hollywood - Welcome to the Pleasuredome試聴できます
posted by nakaQ at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Rock&Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。