2006年02月03日

Deee-Lite "World Clique" (1990)

Tei Towaが在籍していたDeee-Liteのデビューアルバムです。

ジャケットを見てもわかるように、色物扱いされていた彼らですが、音楽的にはかなり高いものを持っていたと思います。それが端的に表れているのが'What Is Love?'でしょう。ボーカルがほとんど入らず、'What Is Love?'の声と、The Lady Miss Kier Kirbyのコケティッシュな声が入り、あとはシンセサイザベースが低く唸り、シンセサイザがスペイシーなサウンドを奏でるかっこいい曲です。

冒頭2トラック目の'Good Beat'も特徴的な曲です。この曲はベースラインなどはかなり先進的なのですが、シロホンの音がなぜかレトロな雰囲気を醸し出しています。Tei Towaは、「レトロなものはなんら志向していないのに、そんな風にばかり言われ困っている」というようなことを言っていましたが、やっぱりレトロに聴こえます。

'E.S.P.'も好きな曲です。ハイテックの見本のような曲です。nakaQ、彼らの来日公演も見に行ったのですが、この曲でのKier Kirbyのパフォーマンスは圧巻でした。本当にダンスがうまい人だと感心したものです。この公演にはベースにP-FunkのBootsy Collinsが参加していて、彼も文句なしにかっこよかった!です。

Houseムーブメントの渦中にあって、わかりやすくポップなHouseを聴かせてくれた、いいグループだと思います。グルーブ感も、P-Funk直系なので、彼らが好きな人は、どうぞ。

nakaQ評価:★★★★★

Deee-Lite "World Clique"(♪一部試聴可)
World Clique


曲目リスト

1.Deee-Lite Theme [*]
2.Good Beat
3.Power of Love
4.Try Me On...I'm Very You
5.Smile On
6.What Is Love?
7.World Clique
8.E.S.P.
9.Groove Is in the Heart
10.Who Was That?
11.Deep Ending
12.Build the Bridge

Deee-Lite - World CliqueUK試聴できます
posted by nakaQ at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Rock&Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。